『倉敷の歴史』 第1号

スマートフォン用ツール
『倉敷の歴史』 第1号
『倉敷の歴史』 


創刊の言葉    渡邊 行雄
創刊によせて   谷口 澄夫

特別寄稿

大原美術館の60年   藤田 慎一郎
 

論 文

高梁川沖積地と古代の郷   間壁 忠彦
野﨑武吉郎氏,貴族院議員に当選·上京す   太田 健一
明治期玉島地域の物産移出入に見る産業構成の変化   内田 豊士
旧倉敷幼稚園建築に関する考察   永井 理恵子
大正デモクラシーと倉敷の人びと   坂本 忠次

ノ ー ト

備中国得芳·阿智両荘の大嘗会経費の負担について   三宅 克広
備中国奉行と倉敷   人見 彰彦
領主,村役人に財政管理を要求   片山 新助
桂園派歌人西山雅雄補遺   桑田 康信
倉敷町史編集小史   大森 久雄

アラカルト

徳川の大坂城修築と備讃瀬戸   山本 慶一
児島,荻野家·野崎家文書の調査を回顧して   谷口 澄夫
宝永七年倉敷村屋敷図   山本 太郎
高梁川の渡しの権利の入質について   小野 敏也

受贈図書·雑誌目録 市史編さん日誌


※第1号は在庫切れとなっております。お近くの図書館等で御覧いただきますようお願い申し上げます。