Group Reports

Group Reports




2005年度生活体験団では,カンザスシティ,クライストチャーチの2つの訪問団をあわせて3つのグループを作り,日本,アメリカ,ニュージーランドの3つの国,そして国際的な視点から,グループごとに課題研究を行いました。

これは生活体験団本来の趣旨である「生活体験」に加え,派遣の目的でもある「国際感覚の高揚」や,「国際社会の一員であることの自覚」をより明確に意識し てもらうとともに,訪問団を超えて交流を行い,国際的なテーマに取り組んでもらうことが大きな狙いです。

グループリーダーは,カンザスシティ市訪問団団長,クライストチャーチ市訪問団団長,副団長の3名が担当し,それぞれの研究テーマを団員とディスカッショ ンの上決定しました。その研究テーマを団員がそれぞれの訪問国で調べ,グループリーダーが次のようにまとめています。

二酸化炭素排出量と地球温暖化について 絶滅の危機にある動物について

世界のこどもたち ~日本の子どもたちと外国の子どもたちはどう違うのか?

倉敷の国際観光について