中活基本計画(新計画)

スマートフォン用ツール
中活基本計画(新計画)

倉敷市中心市街地活性化基本計画が内閣総理大臣の認定を受けました。

 中心市街地の活性化に関する法律に基いて策定した「倉敷市中心市街地活性化基本計画(新計画)」が,平成27年3月27日付けで,内閣総理大臣の認定を受けました。
 倉敷市では前計画(平成22年3月~平成27年3月)に続いて,2期目の認定となります。
新計画の計画期間は,平成27年4月~令和3年3月までの6ヶ年です。
 今後とも,新計画に基づき,倉敷市中心市街地活性化協議会をはじめ,市民の皆さまと共に,倉敷市の様々な魅力の相乗効果や,連携中枢都市圏の高梁川流域の魅力との相乗効果等から,さらなる賑わいと活力の溢れる倉敷市の中心市街地であり続けるよう取り組んでまいります。

認定を受けた新計画

    (最新版) 
    PDF 倉敷市中心市街地活性化基本計画(新計画)全体版 第11回変更認定(令和2年3月) 13759KB
     PDF 倉敷市中心市街地活性化基本計画(新計画)概要版 第11回変更認定(令和2年3月) 1621KB

    (過去版)

    全体

    PDF第10回変更認定(令和元年9月3日) 12157KB

 概要

    PDF第10回変更認定(令和元年9月) 1278KB
    PDF第9回変更認定(平成31年3月) 1295KB
    PDF第7回変更認定(平成30年1月) 1252KB
    PDF第6回変更認定(平成29年7月) 1306KB
    PDF第5回変更認定(平28年11月) 1065KB
   PDF第3回変更認定(平成28年7月) 1325KB
   PDF第2回変更認定(平成28年3月) 1207KB
   PDF初回認定(平成27年3月) 1621KB

 ※第4回,第8回は概要版の変更はありません

計画変更

  計画変更を申請して,国の認定を受けました。

 

計画期間

   平成27年4月~令和3年3月の6年間です。

計画区域

  JR倉敷駅周辺の約175haが計画区域です。
  

基本テーマ

  「世界に誇る伝統文化 居心地のよいまち くらしき」
   

目標と指標

  基本計画では,3つの活性化の目標を設定し,それぞれの目標の達成度を測定するための
  指標及び数値目標を定めています。

  目標1:倉敷がまもり育ててきた伝統文化を活かし、まちの魅力を向上させる
    【指標】主要有料観光施設の入場者数
        基準値 526,598人(平成26年) ⇒ 目標値 610,000人(令和2年)

  目標2:歩いて楽しい、暮らしやすいまちを形成する
    【指標】休日1日あたりの歩行者・自転車通行量
        基準値  96,263人(平成26年) ⇒ 目標値 120,000人(令和2年)
    【指標】居住人口
        基準値   7,983人(平成26年) ⇒ 目標値     8,800人(令和2年)

  目標3:まちなかに人を誘導し、交流を促進する(地元独自の目標)
    【指標】市民交流施設の利用者数
        基準値  597,223人(平成26年) ⇒ 目標値   600,000人(令和2年)

利用条件

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス CC-BY

このページ(ページヘッダ及びフッタ部分除く)に掲載されたコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ表示4.0日本語ライセンスの CC BY 表示(作品のクレジットを表示すること)の下で提供します。
掲載データは、営利目的での二次利用(改変)も可能です。掲載データを元に二次的著作物等の作成をすることができますが、編集・加工等した場合、出典を明記し、編集・加工等した旨を記載して、公表してください。