当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

歯の健康分野



 【重点指標】

 歯の定期健診を毎年受けている人を増やす。

 
 


かかりつけ医と歯科健診受診でいつまでも自分の歯(口)でおいしく食べよう♪


 歯と口は,味わう,話す,笑うなど豊かな生活を送るための大切な働きをもっています。
 また歯周病は,歯を失うだけではなく,糖尿病・心疾患・早産・低体重児出産などの全身の健康とも深く関係しています。口はまさに全身をも映し出す鏡なのです。

 歯と口のケアで健康づくりのスイッチON
スイッチ1.1日1回は丁寧に歯を磨くくらちゃん歯磨きの挿絵
スイッチ2.口の中を毎日観察する
スイッチ3.正しい歯磨きの仕方について知識を深める
スイッチ4.糸付ようじ・デンタルフロス・歯間ブラシ
      などの補助用具でそうじする
スイッチ5.フッ素を上手に活用する
スイッチ6.ゆっくりよく噛んで食べる(1口20回を
      意識して)
スイッチ7.口の機能を維持するために健口体操を心がける
      (健口体操はコチラをクリック
スイッチ8.入れ歯や残っている歯の手入れをし,かむ力を維持する
スイッチ9.歯科医院での定期健診を受ける
      (子どもは半年に1回,大人は1年に1回以上を目標に)
歯みがきステッカー
 「歯磨きステッカー」を使って、推進中!!


 
  誤嚥性肺炎は,高齢者に多い死亡原因です。
 
 口腔ケアの実施により,肺炎発症率や肺炎による死亡率を約半数に減少させることができたという報告があります。

   誤嚥性肺炎!!

  誤嚥性肺炎…誤嚥性肺炎は、病気や老化によって飲み込めなくなったところに,お口の中
       の汚れ,むし歯や歯周病の放置により繁殖した細菌が食べ物や飲み物とともに
       肺や気管支に入って発祥します。
        高齢者の肺炎の多くが誤嚥に関係していると言われています。