ホストタウン KIWI応援団 くらしき

スマートフォン用ツール
ホストタウン KIWI応援団 くらしき

KIWI応援団くらしき

2020年オリンピック・パラリンピック東京大会
(ニュージーランド国)ホストタウン事業の取組 概要

 倉敷市とニュージーランドのクライストチャーチ市は,昭和48年1973年に両国初となる姉妹都市提携を結び,市民,学生,障がい者交流,災害支援など長年にわたって友好を育んできました。このような姉妹都市交流を礎にニュージーランドを相手国にしたホストタウン登録に至っています。

ニュージーランド人の愛称でもある「KIWI(キーウィ)」。倉敷市では平成28年から「KIWI応援団くらしき」をスローガンに,ニュージーランドと日本(倉敷)の相互学習や,事前キャンプの受け入れなどのホストタウン事業を行っています。

詳しくは下の画像をクリック!

ホストタウンとしての取り組み

東京2020オリンピックニュージーランド応援ツアー中止について

広報くらしき4月号掲載の2020年8月1日から3日に予定しておりました『東京2020オリンピック ニュージーランド応援ツアー』は中止となりました。