当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

倉敷館

くらしき かん
倉敷館

種別: 市指定・建造物
所在地: 倉敷市中央1丁目
所有・管理者: 倉敷市
指定年月日: 平成28年10月17日

 大正6年に倉敷町役場として建てられた擬洋風の建物です。屋根は寄棟,小屋組はトラス組になっています。北東隅の塔屋の二重屋根は銅板葺で,その他は桟瓦葺です。外壁は下見板張,白ペンキ塗で仕上げられています。

 昭和3年の市制施行により建物が手狭になったため,市役所機能が移転しました。残されたこの建物は,倉敷市公益質屋,倉敷市農業共済組合事務所,倉庫などに転用され,荒廃なすままになっていました。

 昭和43年に市民の中から保存の声があがり,昭和46年の保存修理,昭和60~62年の解体修理を経て,現在は「倉敷館」の名で観光案内所として利用されています。

【現地周辺の地図】


より大きな地図で 倉敷市内の文化財(国登録) を表示