当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

違反対象物公表制度

消防法令違反対象物の公表制度が始まりました

違反対象物公表制度とは

建物(防火対象物)を利用しようとする方が、その建物の危険性に関する情報を入手し、建物利用の判断ができるように消防署等が把握した「重大な消防法令違反」を公表する制度です。

公表制度の対象となる建物

ホテル・飲食店・物販店・社会福祉施設など

不特定多数の方が利用する建物が対象となります。
(消防法施行令別表第1 1項~4項、5項イ、6項、9項イ、16項イ、16の2項、16の3項)

公表制度の対象となる違反

建物に義務付けられた消防用設備等

屋内消火栓設備・スプリンクラー設備・自動火災報知設備

が設置されていない違反が対象となります。

違反公表対象物一覧