地域おこし協力隊員(まちづくり部)について

地域おこし協力隊員(まちづくり部)について

地域おこし協力隊員(まちづくり部)活動中です!!

活動内容

『倉敷下津井地区の魅力を活かした倉敷児島地域活性化事業』 1名

 倉敷市下津井は,奈良・平安時代から港町であり,江戸時代には北前船の寄港地として,金毘羅参りの渡し場としても繁栄した地区である。

 昔ながらの町家・古民家が遺る町並み保存地区を中心に,多島美で有名な瀬戸内海や,中四国を結ぶ瀬戸大橋,豊かな海産物の漁場等々の魅力を活かしたまちづくりを,地域の人々と一緒に活動中。

  • 下津井地区(町並み保存地区を含む)での町家・古民家再生活用事業の企画・提案・実施
  • 離島の旧市立小学校分校をリノベーションした土地建物を活用した事業(美術館,キャンプ場等々)の企画・運営
  • 下津井地区,児島地域(国産ジーンズ発祥地,繊維のまち)等の特産品を活用した新商品の開発・販売

 など

『玉島湊地区のまちづくり事業-お茶と町並みで点てる玉島の魅力づくり』 1名

 倉敷市玉島の港町として反映した湊地区は、北前船の寄港する商港として栄えてきた。

 江戸時代の港町の歴史を今に伝える町家・古民家群が立ち並ぶ町並み保存地区や、周辺には三丁目の夕日のロケ地にもなった昭和高度成長期の風景を伝える商店街が立地している。

 また、お茶文化が盛んな地域で、茶器、茶菓子をはじめ体験スポットも多数立地している。

 懐かしく新しい風情溢れる玉島湊地区の魅力を活かしたまちづくりを、地域の人々と一緒に活動中。

  • 旧玉島観光案内所を地域住民の集いの場として活用したまちづくり活動
  • お茶文化を学び活用したまちづくり活動
  • 湊地区の歴史と文化を伝える町家・古民家を再生活用したエリア活性化事業の企画・提案・運営
  • 湊地区の昭和の風情溢れる商店街の賑わいと活力創出事業の企画・提案・運営
  • 玉島湊まちづくり推進協議会の運営、事務

 など

『倉敷美観地区等における町家・古民家再生活用事業』 2名

 「一輪の綿花から始まる倉敷物語」を象徴する白壁の蔵が立ち並ぶ倉敷川畔伝統的建造物群保存地区に代表される歴史と文化を伝える町家・古民家が面的な拡がりをもって,今も「住まい」「商い」の人の営みとともに息づく倉敷美観地区。倉敷でなければ手に出来ない至極の逸品を生み出すものづくり力を持つエリア。過去・現在はもとより未来に亘り国内外の人々に支持される「町並み」「ものづくり」の魅力溢れる倉敷美観地区で,新たな魅力と活力を創出し,地域コミュニティの持続力を向上するまちづくりに地域の人々と一緒に活動中。

  • 当課が指定する倉敷美観地区周辺の建築士事務所でスキルを学びながら,町家古民家再生活用によるまちづくり活動
  • 町家・古民家再生の先駆け「倉敷町家トラスト」の一員として,町家・古民家再生活用事業の企画・提案・運営(ソーシャルワーク等,地域と密着した新たな事業の企画・運営)
  • 倉敷のまちなか生活で守り育てられたルールをまとめた「まちなか居住・営業ガイドブック」(倉敷しぐさ)の製作
  • 町家・古民家再生活用の基礎データとなる町家・古民家各種調査(高梁川流域,倉敷市中心市街地)
  • 倉敷美観地区内の町家・古民家をフィールドに市内・近隣大学,高等学校等との協働事業の企画・運営
  • 倉敷中心市街地活性化3期計画策定やSDGs等の新たなまちづくりの検討
  • 倉敷美観地区周辺パブリックスペースの有効活用の検討と運用

 など

『倉敷薄荷再生・活性化事業』 1名

 大正時代から昭和初期,倉敷市は北海道に次ぐ,薄荷の名産地として国内のみならず,世界中に輸出していた。国営の薄荷試験地があり,そこで生まれたオリジナル品種の一つを再生し,「倉敷薄荷」として商標登録している。

 雑味がなく,深い味わいと豊かな香りの高品質品種「倉敷薄荷」のブランディングを地域の人々と一緒に活動中。

  • 倉敷薄荷本店とJS-Stage株式会社が手掛ける薄荷事業所において,「倉敷薄荷」の商品開発,ブランディング,販売拡大
  • オリジナル品種「倉敷薄荷」を使った新商品の開発・販売
  • 倉敷薄荷栽培農家と共働での倉敷市内栽培強化(栽培増,品質保持)
  • 倉敷薄荷本店の運営
  • 倉敷薄荷本店近くに位置する倉敷美観地区周辺パブリックスペースの有効活用の検討と運用

 など

利用条件

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス CC-BY

このページ(ページヘッダ及びフッタ部分除く)に掲載されたコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ表示4.0日本語ライセンスの CC BY 表示(作品のクレジットを表示すること)の下で提供します。
掲載データは、営利目的での二次利用(改変)も可能です。掲載データを元に二次的著作物等の作成をすることができますが、編集・加工等した場合、出典を明記し、編集・加工等した旨を記載して、公表してください。