Mei KIKUTA

Mei KIKUTA

Mei KIKUTA


Nice culture
America has some nice cultures so that, I want to live in America.
First, I’d like to talk about kindness. Before I went to the America, I thought that Japanese were the kindest people. But my idea changed when I visited in America. Americans are as kind as Japanese or some are kinder than Japanese. And all people who I talked with were kind. For example, I felt culture about Ladies First when I went to shopping with host family. Whenever we had to open the door, my host father opened the door. Whenever I wanted to go out of elevator, host father pushed the button of open. This culture can’t be found in Japan.
MeiKIKUTA1 
MeiKIKUTA2 
MeiKIKUTA3 
Second , I’d like to talk about respect. My host family always looked at my eyes when I talked with them. Also they did not interrupt while I was speaking. They listened carefully to my claim. They respected each other and understand their feeling. I think this communication style is very nice.
Third, I’d like to talk about praise My first host family has an only three-year-old boy. My host mother and father said “You are nice” when he can wear the shoes. Also they praised not only their children but also me. They always praised me. For example, when I played board game Host mother praised me. She said “Your process about game is so good!” Ultimately I lose the game, but my feeling was so good. Because my host mother praised me. I think that culture about praise is good for both those who got a praised and those who praise somebody. I want to spread this culture in Japan.
Finally, I’d like to talk about not wasting. American food is bigger than Japanese food. When I went to a restaurant to eat breakfast with host family I ordered French toasts set. That french toasts set had six slices of bread. So I thought I wouldn’t be able to eat all. Then Host mother said “If you can’t eat all, will you take out leftovers?” Then I know the system about taking out for the first time. I think Japan should accept this system-to reduce amount of leftover.
MeiKIKUTA4 
MeiKIKUTA5 
MeiKIKUTA6 
I could felt many good cultures. I want to accept these cultures. I want to go to America again.

将来はアメリカに移住したい。そう思うほど素晴らしい文化を持つ国だった。

MeiKIKUTA7 
MeiKIKUTA8 
MeiKIKUTA9 
まずは、優しい文化。
アメリカに行く前、日本人が最も優しいというという概念があった。しかし、実際アメリカに行くと、その概念が180度変わった。アメリカに住んでいる人は、日本人と同じくらい優しい。いや、私にとっては、日本人以上に優しいと感じた。例えば、ホストファミリーとショッピングに行った時、レディーファーストを強く感じた。ショピングセンターのドアを開けるときは必ず男性が扉を開けてくれる。エレベーターでも男性が必ず最後まで残ってボタンを押し続けてくれる。日本ではあまり見かけない文化だ。

MeiKIKUTA10 
MeiKIKUTA11 
MeiKIKUTA12 
また、お互いをきちんと尊重する文化。
私がホストファミリーと話をするとき、必ず私の目を見て話してくれた。加えて、日本人に比べて話の途中で言い返すことが少ないように感じた。お互いに相手の主張を理解し尊重したうえで、自分の意見を言う。素晴らしいコミュニケーション文化だと思った。

次に、褒める文化。
MeiKIKUTA13 
MeiKIKUTA14 
MeiKIKUTA15 
ファーストホストファミリーには、三歳の子どもがいた。その子が、積み木を組み立てられただけで、「あなたはすごい!」靴を履けただけで、「あなたはかっこいい!」と父親も母親も言っていた。また、その文化は小さな子どもに対してだけではない。私のことも、すごくよく褒めてくれた。ホストマザーと、ボードゲームをしていたとき、私のゲームの進め方が素晴らしいと言ってくれた。結局そのゲームでは負けたが、頻繁に褒めてくれたおかげで、負けた後も清々しい気持ちだった。褒める文化は、褒めた人も褒められた人もお互いに幸せになれる素晴らしい文化だと思った。日本でもこの文化が浸透して欲しいと思った。

最後に、無駄にしない文化。
MeiKIKUTA16 
MeiKIKUTA17 
MeiKIKUTA18 
アメリカの食事はやはり日本よりも量が多い。朝、モーニングを食べに行き、私はフレンチトーストを頼んだ。食パン6枚分のフレンチトーストが出された。絶対食べきれないな、と思いながら食べているとホストマザーが、「フレンチトースト持って帰る?」と聞いてきて、そこで私は初めて持ち帰れることを知った。さらに、大半のお店で食べ残しを持って帰れると聞いて私は、いいシステムだと感じた。持って帰ったもので、次の一食分の調理時間を短縮することができる。残飯が減る。残飯が多い日本だからこそこのシステムを取り入れるべきであると強く感じた。

ここに書いたように私は様々な素晴らしい文化を体験することができた。身近なところから、取り入れていきたいと思う。そして、またアメリカに是非足を運びたい。
MeiKIKUTA19