(5)共同住宅新築工事に係る事前協議

(5)共同住宅新築工事に係る事前協議

   行為の場所:倉敷市浜ノ茶屋2丁目207-5
行為の種類:新築
事前協議に対する回答
・景観形成基準の高さの最高限度(住居系20m)を超えない計画とするよう求める。また、高さを超えることや景観に対するその他の配慮事項について検討を求める。これらのことについてはコンセプトへの明確な記載を求める。
・マンションの塔屋へ自社のマークを掲出し遠くから見える必要はないと思われる。特に入居者には不要ではないか。時代に逆行しているサイン計画の見直しを求める。
・消火水槽などの位置を再検討し,少しでも塔屋の突出を抑えるよう求める。最近の他の事業者は塔屋をなくすなどの配慮ができている。
・31戸分もの2台目駐車場が必要ですか。2台目の駐車場をなくせば,高さを抑えながら住戸数を確保できるはずだし,少しでも駐車枠を減らせばその分を緑地帯など良好な景観への配慮ができるスペースに利用することもできる。計画の見直しを求める。
・前面道路東側の駐車場に面するフェンス部分に植栽するなど,沿道利用者の快適性に配慮を求める。敷地周囲へ緑地帯を作るなど更なる植栽を求める。
・P6とP10で駐車場配置が相違している。また,キュービクル,ゴミ置き場の立面図,塔屋の平面図・断面図など図面の添付を求める。
・自転車置場も景観を形成する要素であるため,景観への配慮を求める。