倉敷市出身の星野仙一様御逝去

 1月4日に倉敷市出身で、プロ野球界で活躍・野球殿堂入りされた星野仙一さんがお亡くなりになりました。

 野球界での功績はもとより、倉敷市でのプロ野球キャンプや公式戦・オープン戦の開催に尽力いただき、また、平成26年に倉敷市スポーツ大使に就任され、さまざまな活動を通して倉敷市のスポーツ振興や地域活性化に多大な貢献をされました。平成29年11月には倉敷市発展への多大なる功績により、倉敷市最高の章である倉敷市文化章を受章されました。

 1月6日に伊東市長がコメントを発表しました。

星野仙一様御逝去にあたっての伊東市長コメント

 星野仙一様の突然の御逝去の報に接し,ただただ驚き,悲しみに堪えません。

 多年にわたり中日,阪神,楽天の選手・監督として活躍され,チームを数々の優勝に導かれ,また,倉敷市においては,キャンプや公式戦・オープン戦の開催にご尽力くださり,プロ野球に身近に接する機会を与えてくださり,市民に夢と元気と感動を与え,常にふるさと倉敷を応援してくださいました。

 平成15年と25年に倉敷市民栄誉賞を受賞,平成26年10月には倉敷市スポーツ特別功労章を受章されるとともに,倉敷市スポーツ大使に就任され,本市のスポーツ振興に多大な御貢献をいただきました。そして,平成29年1月に野球殿堂入りを果たされ,11月には倉敷市文化章を受章されるなど,星野仙一様は,郷土倉敷の誇りであります。

 去る11月3日の文化章受章式では,「ライバルを持ち,多少の劣等感を持ち,それを乗り越えていく,という思いが今につながったと思う」,「常に夢を追い続け,生涯野球に携わって,これからも倉敷のために精いっぱい頑張っていこうと思っている」とおっしゃっておられました。

 マスカット球場のキャンプで,市民からの「星野監督!」との声に,「おうっ!」と右手を上げて応える姿,若手選手を厳しいなかにも愛情を持って叱咤激励される姿,瀬戸内倉敷ツーデーマーチで2000人の参加者をハイタッチして「みんな頑張れよ!」と言って激励される姿,野球殿堂入り祝賀会で,自分のふるさとは本当にいいところなんだとご紹介くださる姿,いずれも昨日のことのようで,御逝去されたことが未だに信じられません。

 「野球とともに生き,ふるさと倉敷を愛した星野監督」に,心からありがとうございましたと申し上げたいと思います。

星野仙一さん写真

平成29年文化章贈呈式

   

平成29年瀬戸内倉敷ツーデーマーチ

  

東北楽天ゴールデンイーグルス秋季キャンプ in 倉敷

 

倉敷市役所 市長公室 秘書課
〒710-8565  倉敷市西中新田640番地 【TEL】 086-426-3003  【FAX】 086-427-5400  【E-Mail】 scrt@city.kurashiki.okayama.jp