当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

固定資産税の減免について(農業関係)

固定資産税の減免について(農業関係)

平成30年7月豪雨災害により、農地(田・畑)、家屋(農業用倉庫・納屋など)や償却資産に大きな損害が発生した場合は、損害の程度により固定資産税を減免することができます。

 

居住家屋の固定資産税の減免申請をされていない方で、農地・農業用倉庫などに大きな被害を受けられた方は、居住家屋のり災証明または農林水産課で発行する被災証明が必要となります。

※すでに居住家屋についてり災証明を取られた際に、減免申請書を提出されている方は、重ねての申請は不要です。

詳しくは平成30年7月豪雨災害に伴う固定資産税の減免について(PDF)をご覧ください。

※固定資産税の減免については、直接資産税課にお問い合わせください。