当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

外貨コイン募金

外貨コイン募金

「外貨コイン募金」で国際貢献

外貨コイン募金ポスター

旅行や出張で海外から持ち帰った外貨コインは日本で両替できません。そういった家庭で眠っている外貨コインを収集し,日本ユニセフ協会の「ユニセフ外国コイン募金」へ寄付することで,生きたお金として開発途上国の子どもたちの支援に役立てることができます。

倉敷市国際交流協会では,身近なところで実践できる国際貢献事業として,次のとおり外貨コイン募金を実施しますので,ご協力をお願いします。

受付期間:常時受け付けしております。
募金の対象:現在流通しているすべての国のコイン・紙幣
募金の使途:集まったお金は日本ユニセフ協会を通じて開発途上国の子どもたちの支援に役立てられます。
募金方法
(1)募金箱
倉敷市役所本庁3階国際課に募金箱を設置します。
(2)持参
倉敷市役所本庁3階国際課にてお預かりします。
(3)イベント会場募金ブース
2018年10月21日(日曜日)「倉敷国際ふれあい広場2018」に募金ブースを出展します。


実施主体・問合せ先:倉敷市国際交流協会(事務局:倉敷市国際課)
TEL 086-426-3015 FAX 086-426-4095
E-mail intntnl@city.kurashiki.okayama.jp


外貨コイン募金の寄託報告について 2017年2月

  倉敷市国際交流協会では,倉敷市立短期大学と連携し,外貨コイン募金を平成24年8月から実施しています。このたび,平成28年1月から同年12月末まで収集した外貨の分類・集計作業を終え,岡山ユニセフ協会に寄託しましたので,次のとおり報告します。

(1)重さ・集計結果:
  合計25キロ 13カ国(12キロ)約8万円とその他の国13か国
  ※今回日本円に換算したのは,アメリカ,ニュージーランド,中国,韓国
   タイ,シンガポール,カナダ,日本等13か国。
   それ以外のコインは重さのみ測り寄託しました。
(2)集計方法:
  倉敷市立短期大学で,同大学生ボランティア・倉敷翔南高校生徒および教員 
  が,1月30日に分類・集計作業を実施。
(3)寄託日:
  2017年2月24日。岡山ユニセフ協会高田専務理事に手渡しました。
  この募金は岡山ユニセフ協会から公益財団法人日本ユニセフ協会を通じて,開発途上国
  の子どもたちの支援に役立てられます。

2016年分分類・集計作業 
分類・集計作業
741.岡山ユニセフ協会出前講座 
岡山ユニセフ協会出前講座
寄託式の様子 
寄託式の様子

外貨コイン募金の寄託報告について 2016年2月

 倉敷市国際交流協会では,倉敷市立短期大学と連携し,市民が身近なところで実践できる国際貢献の一環として外貨コイン募金を平成24年8月から実施しています。このたび,平成27年1月から同年12月末まで収集した外貨の分類・集計作業を終え,岡山ユニセフ協会に寄託しましたので,次のとおり報告します。
 
(1)収集外貨:
 2015年1月から2015年12月まで本庁国際課に設置した募金箱や, 「倉敷国際ふれあい広場」イベント会場募金ブースで,市民から寄せられた外貨コイン・紙幣および日本の古銭。
(約30kg)
 
(2)集計結果:
 98カ国・地域。日本円に換算して約25万円。
 
(3)集計方法:
 倉敷市立短期大学で,同大学生ボランティア・倉敷翔南高校生徒および教員が,1月20日と
27日の2回に分けて分類・集計作業を実施しました。 

(4)寄託日:
 2016年2月26日。岡山ユニセフ協会高田専務理事に手渡しました。
この募金は岡山ユニセフ協会から公益財団法人日本ユニセフ協会を通じて,開発途上国の子どもたちの支援に役立てられます。

  当会では平成28年度も外貨コイン募金事業を継続します。
 
家庭で眠っている不要な外貨があれば,募金へのご協力をお願いします。 


募金呼びかけ
分類集計
2015年分寄託式
   ふれあい広場募金ブース  学生・生徒による分類集計  約30kg,約25万円
   での呼びかけ                     の外貨を寄託

問合せ先:倉敷市国際交流協会(事務局:倉敷市国際課)
TEL:086-426-3015 FAX:086-426-4095
E-mail:intntnl@city.kurashiki.okayama.jp


外貨コイン募金の寄託報告について 2015年2月

 倉敷市国際交流協会では,倉敷市立短期大学と連携し,市民が身近なところで実践できる
国際貢献の一環として外貨コイン募金を平成24年8月から実施しています。このたび,
平成26年1月から同年12月末まで収集した外貨の分類・集計作業を終え,岡山ユニセフ
協会に寄託しましたので,次のとおり報告します。
 なお,募金は岡山ユニセフ協会から公益財団法人日本ユニセフ協会を通じて,開発途上国の子どもたちの支援に役立てられます。

(1)収集外貨:
 2014年1月から2014年12月まで本庁国際課に設置した募金箱や, 「倉敷国際ふれあい広場」イベント会場募金ブースで,市民から寄せられた外貨コイン・紙幣および日本の古銭。
(約40kg)。
 
(2)集計結果:
 94カ国・地域。日本円に換算して約30万円。
 
(3)集計方法:
 倉敷市立短期大学で,同大学生ボランティア・倉敷翔南高校生徒および教員が,1月21日と26日の2回に分けて分類・集計作業を実施しました。

外貨募金活動1  外貨募金活動2

2014年分分類・集計作業1  2014年分分類・集計作業2

(4)寄託日:
 2015年2月26日。岡山ユニセフ協会吉永専務理事に手渡しました。
この募金は岡山ユニセフ協会から公益財団法人日本ユニセフ協会を通じて,開発途上国の子どもたちの支援に役立てられます。


  当会では今後も外貨コイン募金を継続します。
  家庭で眠っている不要な外貨があれば,募金へのご協力をお願いします。 

                   2014年分寄託式   

問合せ先:倉敷市国際交流協会(事務局:倉敷市国際課)
TEL:086-426-3015 FAX:086-426-4095
E-mail:intntnl@city.kurashiki.okayama.jp


外貨コイン募金及びフィリピン台風被災者救援募金の寄託式 2014年2月

 倉敷市国際交流協会では,倉敷市立短期大学と連携し,市民が身近なところで実践できる国際貢献の一環として外貨コイン募金を平成24年8月から実施しています。このたび,平成25年1月から同年12月末まで収集した外貨の分類・集計作業を終え,岡山ユニセフ協会に寄託しましたので,次のとおり報告します。

 なお,募金は岡山ユニセフ協会から公益財団法人日本ユニセフ協会を通じて,開発途上国の子どもたちの支援に役立てられます。

(1)収集外貨: 
 2013年1月から2013年12月まで本庁国際課に設置した募金箱や,「倉敷国際ふれあい広場」イベント会場募金ブースで,市民から寄せられた外貨コイン・紙幣および日本の古銭。(約32kg)。
(2)集計結果: 
 84カ国・地域。日本円に換算して約25万円。
(3)集計方法: 
 倉敷市立短期大学で,同大学生ボランティア・倉敷翔南高校生徒および教員が,1月10日と22日の2回に分けて分類・集計作業を実施しました。

集計作業のようす1 集計作業のようす

(4)寄託日:
 2014年2月12日。岡山ユニセフ協会吉永専務理事に手渡しました。
 この募金は岡山ユニセフ協会から公益財団法人日本ユニセフ協会を通じて,開発途上国の子どもたちの支援に役立てられます。

寄託式のようす(外貨コイン)

当会では今後も外貨コイン募金を継続します。
家庭で眠っている不要な外貨があれば,募金へのご協力をお願いします。

 また同日,11月8日にフィリピン中部を襲った台風30号により甚大な被害を被ったフィリピン台風被災者救援募金についても同協会に寄託しました。
募集期間:11月19日から12月27日
寄託金額:338,498円
 この募金は,岡山ユニセフ協会から公益財団法人日本ユニセフ協会を通じフィリピン台風被災者の支援に役立てられます。ご協力いただいた皆様のご厚意に心よりお礼申し上げます。

寄託式のようす(フィリピン台風) 2013年分寄託式集合写真



問合せ先:倉敷市国際交流協会(事務局:倉敷市国際課)
TEL 086-426-3015 FAX 086-426-4095
E-mail intntnl@city.kurashiki.okayama.jp


「外貨コイン募金」の集計結果報告 2013年2月

「外貨コイン募金」について

倉敷市国際交流協会では,倉敷市立短期大学と連携し,市民が身近なところで実践できる国際貢献の一環として外貨コイン募金を実施しました。このたび,収集した外貨の分類・集計作業を終え,岡山ユニセフ協会に寄託しましたので,次のとおり報告します。

なお,募金は岡山ユニセフ協会から公益財団法人日本ユニセフ協会を通じて,開発途上国の子どもたちの支援に役立てられます。

2012年分寄託式

(1)収集外貨: 
 2012年8月から2013年1月まで本庁国際課に設置した募金箱や,「倉敷国際ふれあい広場」イベント会場募金ブースで,市民から寄せられた外貨コイン・紙幣および日本の古銭。(約20kg)。
(2)集計結果: 
 72カ国・地域。日本円に換算して約18万円。
(3)集計方法: 
 倉敷市立短期大学で,同大学生ボランティアおよび教員が,1月16日と22日の2回に分けて分類・集計作業を実施しました。
(4)寄託日:
 2013年2月1日。岡山ユニセフ協会吉永専務理事に手渡しました。

当会では今後も外貨コイン募金を継続します。
家庭で眠っている不要な外貨があれば,募金にご協力をお願いします。

問合せ先:倉敷市国際交流協会(事務局:倉敷市国際課)
TEL 086-426-3015 FAX 086-426-4095
E-mail intntnl@city.kurashiki.okayama.jp