当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

風水害に備える

風水害に備える
  風水害の対策     

    台風、豪雨、洪水などは、突然やってくるわけではありません。
     準備や供えが災害防止に役立ちます。

    ふだんの心得
排水溝(下水溝)のごみや泥を取り除き、水はけを良くしておましょう。
屋根、外壁、窓ガラス、ブロック塀などふだんから点検しておき、不備な箇所は補修しておきましょう。
煙突、アンテナ、看板などは、針金など使って補強しておきましょう。
電気の引込線のたるみや破損は、火災や感電の危険がありますので、電力会社に連絡しましょう。
停電に備えて、懐中電灯や携帯ラジオと予備の電池を準備しておきましょう。
住宅付近の地形や道路・施設などの状況をよく見て、危険箇所や避難場所を確認しておきましょう。 

    大雨・台風が近づいていたら
テレビ、ラジオで、台風情報や防災上の注意事項をよく聞くようにしましょう。
外出や旅行は、できるだけひかえるようにしましょう。
停電などに備えて懐中電灯やラジオをあらかじめ手元に用意しておきましょう。
ベランダにある植木鉢、物干しざおなど飛散の危険が高いものは室内に取り込みましょう。
がけ地付近の人は、大雨が続くと地盤がゆるみ、がけ崩れの起こる恐れがありますので十分注意しましょう。
川の近くに住んでいる人は、水のかさに注意しましょう。
浸水が心配される場合は、家財道具等を高い場所へ移動させましょう。