当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

被災地発支え合い活動事例集『豪雨ニモマケズ』

被災地発支え合い活動事例集『豪雨ニモマケズ』

被災地発 支え合い活動事例集『豪雨ニモマケズ』

 「災害に負けない支え合いの地域へ」

 平成30年7月豪雨災害により、多くの方が被災し、今もなお、住み慣れた自宅や地域を離れて生活を送る方も多く、被災地復興はこれからが本番です。

 被災地やその周辺の地域に目を向けてみると、復興に向けた支え合いの萌芽は至る所にみられ、これまで地域が大切に育ててきた絆や文化を生かし、被災者・被災地を支えながら、復興に向かっている「支え合い活動」が数多く見られています。

 この「被災地発支え合い活動事例集『豪雨ニモマケズ』」は、そのような支え合い活動の取り組みや地域で活躍する支援者「支えびと(ささえびと)」を紹介する情報等をまとめたものです。                                                 (平成31年3月)


掲載内容

 
 1.はじめに                     
 2.地域のチカラ
 3.被災地発支え合い活動事例紹介
  1)紡ぐ  川辺復興プロジェクトあるく(真備:川辺)

  2)練る  岡田分館での集い(真備:岡田)

  3)集う  有井女子会(真備:薗)

  4)拓く  二万仮設憩いのBar<場>(真備:二万)

  5)創る  箭田の集いの場=『ほっとスペース』(真備:箭田)

  6)訪ねる 呉妹訪問型サロン(真備:呉妹)

  7)備える 見守り支え合い活動(真備:服部)

  8)築く  柳井原トレーラー仮設団地(船穂:柳井原)

  9)助ける サテライトひろえ(水島:広江)

   10)馳せる 下津井地区災害ボランティア(児島:下津井)
 4.支え合いのチカラ
 5.生活支援コーディネーターがつなぎます

ガイドブックのダウンロードはこちら

 下記をクリックすると、ご覧いただけます(PDFファイルが開きます)。

 1.表紙   (1892KB)

 2.もくじ  (210KB)

   3.はじめに   (130KB)          

   4.地域のチカラ(463KB)

 5.被災地発支え合い活動事例紹介(3320KB)

   6.支え合いのチカラ(5006KB)

 7.生活支援コーディネーターがつなぎます(464KB)

   8.裏表紙

   被災地発支え合い活動事例集『豪雨ニモマケズ』全ページ【PDF】(12580KB)

 

組織、団体、サロン等で、まとめて冊子をご希望の方へ 

  事例集を制作した「生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)」が、事例集をお持ちし、

    直接ご紹介します。

  ぜひ、下記までご連絡ください。

  【制作・問い合わせ先】

  社会福祉法人倉敷市社会福祉協議会 086−434−3301

         

 

 

 

 

 

 

   倉敷市役所 保健福祉局 健康福祉部 健康長寿課 地域包括ケア推進室
   〒710-8565  倉敷市西中新田640番地 【TEL】 086-426-3417  【FAX】 086-422-2016  【E-Mail】 wlfgsc@city.kurashiki.okayama.jp

   ◆このページに掲載された内容に関するご意見・ご要望等は、上記の連絡先へどうぞ。