Natsumi TAGUCHI

Natsumi TAGUCHI

Natsumi TAGUCHI
My host families.


I’d like to tell you about my experience.
I learned a lot of things in America. I learned that smile is the best way for communication.
I went to America for the first time. So I worried about going there because I can’t speak English well.
Before I met my first host family, I was excited but a little nervous. My host parents picked me up and took me to their house. When we arrived at their house, my host brothers welcomed me at the garden. The boys are 7 years old and 12 years old. The younger boy and my host mother took me to my room. There was a message card on the wall. “welcome to America ようこそアメリカに!”My host family wrote it in English and Japanese for me. I was surprised to see it and it made me so happy.
NatsumiTAGUCHI1 
NatsumiTAGUCHI2 
NatsumiTAGUCHI3 
I spent a happy time. But, at first I couldn’t talk about anything well with my host family. After dinner, we sat on the sofa watching TV. At that time I felt sad because I couldn’t continue even a short conversation with them. So, I felt like crying. But I thought that I don’t have to cry. I kept back the tears. However when my host mother said “Are you OK? You look sad.” I burst into tears. I said “I’m sorry. I want to talk about something. But I can’t speak English well.” She said “ It’s OK. We want to talk to you too. Can you tell me your story? I’ll understand your English. Don’t worry.” Those words reassured me. I thought it is important to tell my mind. And, I talked about something to them. Everyone smiled. After that when I didn’t understand English, they spoke more slowly and talked with me with smile.
Also, I went to many places. For example, lake, mall, pool, Mexican food shop. I enjoyed staying at their house for a few days.
At an exchange party, Japanese students demonstrated calligraphy. I felt happy because they looked happy,too. They tried to write Japanese words. They were good at writing Kanji and Katakana.
When I said “good-bay” to my first host family, I was so sad. We hugged each other. And I went to second host family’s house. There were very cute boy and girls in it. One of the host sister and we were the same age. She studies Japanese. She speaks Japanese well. So, I taught her Japanese and She taught me English. We talked about a lot of things. And our favorite songs were same. I think maybe we met by a stroke of fate. I really like her. Also her friend can speak Japanese. We talked till the middle of the night. I enjoyed talking with them.
NatsumiTAGUCHI4 
NatsumiTAGUCHI5 
NatsumiTAGUCHI6 
When I leave two host families, I was so sad.
I had a very valuable experience. I’m so glad to meet them.
I never forget this experience. And, When I was on my way home,I thought about the days I spent with my host family.

NatsumiTAGUCHI7 
NatsumiTAGUCHI8 
NatsumiTAGUCHI9 

田口 奈都未
たくさんの出会い


 私は今回、姉妹都市訪問青少年生活体験団の一員として、カンザスシティを訪れました。私は、海外に行くのが初めてだったので不安もたくさんありました。
 初めて団員達と会ったとき、同じ1年生が1人しかいなくてとても緊張しました。渡米すると、この緊張感をもっとたくさん味わうのだろうなと思いました。それと同時に、みんなと仲良くなってたくさん話がしたいとも思っていました。実際、優しい人たちばかりで本当にメンバーに恵まれたなと思います。
 アメリカに到着して、まず思ったのは日本よりもはるかに涼しいということです。アメリカの方が暑いと思っていたので、驚きました。また、車の運転席が左側にあるのでとても違和感を感じ、慣れないうちは曲がるときなど怖かったです。
NatsumiTAGUCHI10 
NatsumiTAGUCHI11 
NatsumiTAGUCHI12 
 私はアメリカで多くの体験をしました。そして、多くの人と出会いました。特に思い出に残っていることは、ホストファミリーとの生活です。
 私のホストファミリーはどちらも大家族でした。両方の家族に私と同い年の女の子がいました。しかも、1人は誕生日が私の誕生日の次の日、もう1人は数日後と、まさに運命的な出会いでうれしかったです。
 ファーストホストファミリーとは、クルージングに乗って湖で泳いだり、子ども達だけでショッピングに行ったりしました。初めは、英語の聞き取りがうまくできず、話すのが嫌になった日もありました。しかし、うまく英語を話したりできないけど、沢山話がしたいというとホストファミリーはゆっくりでいいからたくさん話そうといってくれました。そのおかげで、躊躇うことなく挑戦することができました。また、同い年の女の子が私にメイクをしてくれました。本格的にするのは初めてだったので、メイク道具の説明などもしてもらいました。仕上がりを見ると、大人っぽくなっていたのでびっくりしました。
 セカンドホストファミリーとは、Kansas city ZOOやJazz Museum に行きました。また、同い年の女の子は日本語を勉強していました。日本のアニメや歌が好きみたいです。日本の漫画もたくさん持っていました。私は漫画が大好きなのでその話をしました。さらに、文法が分からず単語で表したりすると、後で付箋に私が言いたかったことを書いて、教えてくれました。なので、私も多くの日本語を彼女に教えてあげました。
NatsumiTAGUCHI13 
NatsumiTAGUCHI14 
NatsumiTAGUCHI15 
 どちらのホストファミリーともスモアを作って食べました。とても美味しかったです。
 私は本当に多くの人と出会いました。出会った人はみんな優しいし、カンザスシティーはとてもいい街だったので、帰るのが悲しかったです。私は一生この体験を忘れません。お別れの時、また会おうねと約束したので、必ずまた会いに行きたいと思います。
 最後になりましたが、改めてすべての出会いに感謝し、またこのような素晴らしい出会いと体験をさせてくださった倉敷市をはじめ現地の協力してくださった方々に感謝し、出会った人々との思い出を大切に、私の経験した事を少しでも多くの人に知ってもらい、これからの生活に生かしていきたいと思います。

NatsumiTAGUCHI16