Saaya MUKAI

Saaya MUKAI

Saaya MUKAI
Thinking of Kansas City

I could give a wonderful opportunity. I will tell you about my great experiences.
First. I came into contact with many American culture. It is not just as I imaged. Especially to do homestay. Both of my host families knows about Japan well. I will tell you about my second host mother Kae. She is Japanese and be married to American people. She told me not only her experiences that studied abroad in America such as my old but also the way of life in America, the national characteristics of the American, different from Japan and so on. Thanks to her, I could notice that I cannot notice myself. For example she always took me growthly shop then tell me which is organic, fresh and how to choose any food. Her family gave me chance to use English myself at post office, ordering food, shopping and so on.

ThinkingofKansasCity1 
ThinkingofKansasCity2 
ThinkingofKansasCity3 
Second. I will tell you about Japan-America society. They were preparing for our visiting for a long time. Thanks to them, I could make best memories and I could ended without any problems. They took us many places and took care of us every time. I think their devoted planning and care makes our experiences. I am filled with gratitude to them. So let me say a few words of thanks. I promised them that I will come back there again. I want sure to keep our promise. Then I want show them my growing picture.
ThinkingofKansasCity4 
ThinkingofKansasCity5 
ThinkingofKansasCity6 
Third. I will tell you about most excited activity. My most important exciting activity is swimming in the Lake Quivera. Because we met each other in a long time. So I could relax to use Japanese. And I knew that I felt homesick so I could know difficult for international exchange. I felt nature of Kansas. Lake is sparkle and around tree makes places that people be able to take rest. I watched them I want to live there.
At last, I think many people engaged in this program. This experiences broaden my horizons. I think I am able to get closer to my dream that I want to be a person who can do well at foreign countries.
ThinkingofKansasCity7 
ThinkingofKansasCity8 
ThinkingofKansasCity9 
I will change this experiences to motivation of future.
ThinkingofKansasCity10 
ThinkingofKansasCity11 
ThinkingofKansasCity12 
Lastly .  Thank you mom for allowing going to Kansas City.

カンザスに行って感じたこと、思ったこと


私はこの夏、アメリカのカンザスシティを、姉妹都市訪問青少年体験団の一員として訪れ、多くの経験をさせて頂きました。現地ではたくさんの人に出会い、コミュニケーションを図り、友達を作る事もできました。そして、彼らは私の大切な人になりました。ホストファミリー達は、私を家族の一員として生活をしてくれ、旅行では絶対に知ることができないことをたくさん教えてくれました。二家族とも、私の為にたくさんのことを企画してくれていて短い時間なのに私は信じることができないくらいたくさん体験をして楽しみました。
ThinkingofKansasCity13 
ThinkingofKansasCity14 
ThinkingofKansasCity15 
英語を学び始めて、初めて訪れた海外。出発前からとても楽しみにしてきましたが少し緊張もしました。その緊張を感じさせないくらい優しくしてくださった日米協会の方々。真夜中に現地についた私たちを温かい笑顔で迎えて下さいました。私たちが到着する何か月も前からホームステイ先の手配、スケジューリング、何もかも準備して頂き、私たちは不自由なく楽しむことができました
ThinkingofKansasCity16 
ThinkingofKansasCity17 
ThinkingofKansasCity18 
私は、2人のホストマザーにたくさんのことをおしえてもらいました。将来アメリカで働きたいと思う私の背中を押すように、アメリカでの生き方、自分の意見の主張の仕方、食べ物の選び方、教育に対する考え方、アメリカでの日本文化のあり方…学んだことは全てメモしました。その中でも特に印象に残ったことを2つ紹介します。  
1つ目はホストファミリーが開いてくれたタコスパーティーです。違う文化の国の食べ物を出してホストファミリーの友達がたくさん来ました。友達の中には、ベジタリアンの人ユダヤ教の人などいろいろな文化を持ち合わせた人がいて小さな万博みたいでした。異文化交流への第一歩を踏み出したような気がしてたくさんの人たちと会話してみました。もちろん倉敷のことも紹介してきました。
ThinkingofKansasCity19 
ThinkingofKansasCity20 
ThinkingofKansasCity21 
2つ目は意見の主張の仕方ですキーワードは「Are youを大切にする」です。アメリカで生きていくには誰かの意見に流されることなく相手の意見も聞きお互いが納得できるまで議論して妥協点を探すことが大事だと教えてもらいました。そして、一部の日本人は上司や古くからの習わしによって自分に意見を伝えていないことも。考えさせられる点がたくさんありました。そして日本での生活に生かすことができることがたくさんありました。
ThinkingofKansasCity22 
ThinkingofKansasCity23 
ThinkingofKansasCity24 
この研修をとおして多くの人が携わっていてそれに研修が成り立っていることを知りました。私たちの素晴らしい研修に携わって下さった方々に感謝しています。
ThinkingofKansasCity25 
ThinkingofKansasCity26