当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

受動喫煙対策

たばこ対策

 

受動喫煙防止のためのルールが変わります!

 受動喫煙対策ロゴマーク平成30年7月25日に「健康増進法の一部を改正する法律」が公布されました。これにより、望まない受動喫煙の防止を図るため、多くの人が利用する施設等の区分に応じて、一定の場所を除き、喫煙が禁止されます。

(改正の趣旨)

  • 「望まない受動喫煙」をなくす。
  • 受動喫煙による健康影響が大きい子ども、患者等に特に配慮する。
  • 施設の類型・場所ごとに対策を実施する。

改正健康増進法体系図

学校・病院・児童福祉施設等、行政機関の方へ

令和元年7月1日から「敷地内禁煙」です。たばこだめ

  • 屋外での受動喫煙を防止するために、必要な措置がとられた場所に限り、喫煙場所を設置することができます。標識の提示などが必要になります。

事業所・工場・ホテル・旅館など多数の物が利用する施設、旅客運送事業、船舶・鉄道事業者の方へ

令和2年4月から「原則屋内禁煙」です。

  • 喫煙できるのは、喫煙専用室内だけです。受動喫煙を防止するために必要な措置と標識の提示が必要です。
  • ホテル・旅館の客室など、居住場所は適用除外です。

飲食店の方へ

 

令和2年4月から原則、店内は禁煙となります。

施設管理者の皆様は新たなルールに向けた準備をお願いします。店たばこ

職場での受動喫煙防止対策に取り組む中小事業者の方へ

 職場の受動喫煙防止対策は事業者の努力義務です。事業者の皆様はまず、事業場の現状を把握・分析し、実行可能な対策のうち効果的なものを実施するよう努めてください。

 受動喫煙防止対策を行う際に、費用の一部を支援する 「受動喫煙防止対策助成金」の制度があります。

【お問い合わせ先】 厚生労働省岡山労働局健康安全課 086ー225ー2013 

詳しくはこちら「受動喫煙防止対策助成金 職場の受動喫煙防止対策に関する各種支援事業(厚生労働省HP)から。

 

◎職場の受動喫煙対策に取り組む事業者の方への相談窓口です。(厚生労働省HP)

  ・受動喫煙防止対策に係る相談支援

 

 

受動喫煙対策に係るコールセンター(厚生労働省HPより転載)

  電話番号03-5539-0303(受付時間9時30分~18時15分(土日・祝日は除く))

受動喫煙対策に関するご質問・ご意見等を承るコールセンターです。
主に健康増進法の一部を改正する法律に関するご質問・ご意見等を受け付けています。
特定の行政庁に判断が委ねられる個別事案等に関するお問い合わせについては、内容によりお答えできない場合もありますので、予めご承知おきください。
お問い合わせ前に、「なくそう!望まない受動喫煙Webサイト」や「健康増進法の一部を法律 概要」等をご覧ください。

 

たばこの害を知ろう

 自分で吸う煙のことを「主流煙」、たばこの先から立ち上る煙を「副流煙」と言いますが、燃焼の状況などが異なるため、成分は同じではなく、副流煙の方が発がん性物質などの有害物質が多く認められる成分もあります。

 喫煙がさまざまな病気の原因となることはよく知られていますが、呼吸器疾患だけでなく、循環器疾患、口腔疾患、糖尿病や歯周病、そして肌の老化など様々な病気の原因となります。

 たばこの煙には4000種類以上の化学物質が含まれ、そのうち200種類は発がん性物質や動脈硬化を引き起こす有害物質です。

 喫煙者と非喫煙者を比較した死亡率は,非喫煙者を1とした場合、肺がんは4.5倍、喉頭がんは32.5倍、口腔・咽頭がんは3.0倍にもなります。

 また、それに加えて,喫煙者のたばこの煙を吸うこと(受動喫煙)によって,周囲の非喫煙者も同様に,上記のような病気の危険性が高くなっています。

 わが国では、年間約1万5千人が受動喫煙で死亡しており健康影響は深刻です。

 今回の法改正においても、喫煙する際は望まない受動喫煙が生じないよう周囲の状況を配慮しなければならないとされています。

 

 「加熱式たばこ」Q&A

 Q  「加熱式たばこ」は規制と関係ないの?kanetu

 A 加熱式たばこも規制の対象です!!

   加熱式たばこの主流煙に健康影響を与える有害物質が含まれていることは明らかです。現時点では、

       将来の健康影響の予測は困難とされていますが、加熱式たばこは今回の法改正の規制対象となっています。

 

          (参考:厚生労働省e-ヘルスネット・厚生労働省参考資料「加熱式たばこに関する現時点での科学的知見」)

 

けむたい

 

 

 

 

 

たばこをやめようかなあ?と考えている あなたへ

健康保険で禁煙治療が受けられます!たばこやめたい

健康保険で禁煙治療を 受けるための条件とは?

ただちに禁煙しようと考えている
ニコチン依存症のスクリーニングテストが5点以上
ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上
禁煙治療を受けていることを文書により同意していること

※4つの条件にすべて当てはまれば、健康保険を使って禁煙治療を受けられます。

 

倉敷市内の禁煙外来・禁煙クリニック一覧

禁煙外来一覧表 平成31年3月1日現在 (PDFファイル)

kinnengairai

敷地内全面禁煙施設認定制度

 岡山県では受動喫煙を防止する環境づくりを進めることを目的として、敷地内全面禁煙実施施設の認定を行っています。詳しくは次のリンクをご覧下さい。

敷地内全面禁煙実施施設を募集しています!(岡山県HP)

 

関連リンク

たばこと健康に関する情報ページ(厚生労働省HP)

 

問合せ先

受動喫煙対策に係るコールセンター

電話番号 03-5539-0303(受付時間9時30分~18時15分(土日・祝日は除く))
受動喫煙対策に関するご質問・ご意見等を承るコールセンターです。
主に健康増進法の一部を改正する法律に関するご質問・ご意見等を受け付けています。
特定の行政庁に判断が委ねられる個別事案等に関するお問い合わせについては、内容によりお答えできない場合も
 ありますので、予めご承知おきください。
お問い合わせ前に、「なくそう!望まない受動喫煙Webサイト」や「健康増進法の一部を法律 概要」等
 をご覧ください。

 

            【倉敷市保健所健康づくり課  086ー434ー9820】