事業所から出るごみ

事業所から出るごみ

事業ごみの手数料を改定します!

事業活動から排出される一般廃棄物(事業系一般廃棄物)の処理手数料を、次のとおり改定します。

  • 令和5年4月1日から:153円 / 10kg
  • 令和7年4月1日から:170円 / 10kg

排出事業者及び一般廃棄物収集運搬業許可業者の皆様におかれましては、改定に伴い混乱が起きないように、

契約内容等について事前に御確認いただくようお願いいたします。

 

ごみ処理料金の概要

 

手数料改定 

 

 

【チラシ】以下の画像をクリックしていただくとダウンロードしていただけます。

チラシ 

 

「くらいふ通信ビジネス版」を創刊しました!

このたび、倉敷市内の事業者の皆様に向けて、「くらいふ通信ビジネス版」を創刊いたしました!

廃棄物に関する知識や、市の取り組みについて、楽しく、わかりやすく解説していきます!

「事業者の皆様が読んで楽しい・読んで為になる」をモットーに作成していますので、ぜひチェックしてみてください!

 

【以下の画像をクリックしていただくとPDFファイルをダウンロードしていただけます】

 

第1号  第2号

 

 

ビジネス版でない「くらいふ通信」はコチラ

 

「Let's スリム」を作成しました!

事業ごみと家庭ごみの違いや、事業系一般廃棄物の処理の方法、減量のアイディア等をまとめた冊子(Let's スリム)を作成しました!

事業者の皆様は、ぜひご一読いただき、社内や関連会社の皆様と情報共有していただければ幸いです。

 

以下の画像をクリックしていただくと、PDFファイルをダウンロードしていただけます。

 

パンフレット 

【関連資料】

 

事業ごみの減量にご協力お願いします!!

倉敷市では、事業系一般廃棄物の排出量が平成22年度から増加傾向にあり、平成26年度からは横ばい傾向にあります。

1人1日あたりの排出量に換算すると399g(平成30年度実績)で、全国の中核市の中で多い方から9番目になります。

 

事業ごみ排出量の傾向 

 

 

本市では、これらの現状と、国の第四次循環型社会形成推進基本計画を踏まえ、

これまでのリサイクルを中心とした取り組みから、生産・流通・消費・廃棄といった一連の経済活動の各段階で無駄をなくし、

ごみになるものを作らない、買わないといった2R(リデュース・リユース)に重点的に取り組むこととし、

循環型社会の形成を図るため、倉敷市一般廃棄物処理基本計画で次の目標を設定しました。

 

  • 目標値:「令和17年度 58,948t / 年」(平成19年度比22%減)

 

目標達成のためには、事業者の皆様の協力が不可欠です。

わたしたちの住むまち倉敷市の事業ごみの減量に、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

【関連資料】

倉敷市一般廃棄物処理基本計画や、ごみ処理の歴史をテーマにしたチラシについては、以下のとおりです。

画像をクリックしていただくと、ご確認いただけます。

 

基本計画  くらいふ通信

倉敷市一般廃棄物処理計画   くらいふ通信(ごみの歴史) 

 

 

倉敷市環境リサイクル局リサイクル推進部一般廃棄物対策課(窓口18番)
〒710-8565  倉敷市西中新田640番地 【TEL】 086-426-3375  【FAX】 086-421-0144  【E-Mail】 gwst@city.kurashiki.okayama.jp