当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

食に関する指導

食に関する指導

小学校1年「調理場について知ろう」

調理員と一緒に給食がどのように作られているのかを伝えました。給食場で使用しているスパテラと杓を持参し、実物の大きさや使い方を知らせました。児童たちは、自分の背よりも大きい調理器具を見て驚いた様子でした。

小学校2年「決まりを守って楽しく食べよう」

 食事のマナーの中から、「食器を正しく置く」「はしを正しく持つ」「食器を手に持って食べる」「正しい姿勢で食べる」「食器にごはん粒や野菜の残りがないようにきれいに食べる」について伝えました。指導後に児童たちが、「きれいにできました。」と言ってきれいにした食器を見せにきてくれました。

小学校3年「よくかんでたべよう」

 よくかんで食べることで、「消化をよくする」「食べすぎを防ぐ」「むし歯になりにくくする」というよさを伝え、かみごたえのある食材を紹介しました。児童からは、「かみごたえのある食材を初めて知りました。」と感想がありました。

小学校5年「倉敷市でとれる食べ物を知ろう」

   給食に使われている倉敷市内産の食材をビンゴ形式で児童に伝えました。地元でとれた食材を地元で消費することを「地産地消」といい、給食では積極的に倉敷市や岡山県でとれた食材を使っていることを知らせました。

中学校1年「丈夫な骨を作ろう」

10代に骨量のピークを迎えることを伝え、骨のもとになるカルシウムを十分とることのことの重要性を伝えました。指導後には担任の先生から牛乳を残さず飲む生徒の人数が増えたという感想がありました。
倉敷中央学校給食共同調理場
〒712-8007  倉敷市鶴の浦1丁目1-2 【TEL】 086-436-7341  【FAX】 086-436-7342  【E-Mail】 sclch-chuo@city.kurashiki.okayama.jp