当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

軽自動車税(環境性能割)が創設されます

税制改正により、令和元年10月1日から新たに「軽自動車税(環境性能割)」が創設され、現行の軽自動車税の名称が「軽自動車税(種別割)」に変わります。この改正に伴い、軽自動車税は「環境性能割」と「種別割」の2つで構成されることとなります。

 

※消費税率10%への引き上げが平成29年4月1日から令和元年10月1日に2年半延期されたことにあわせて、実施が2年半延長されたものです。

 

 

軽自動車税(環境性能割)の税率

環境性能割は、令和元年10月1日以後の自動車及び軽自動車の取得に対して適用され、新車・中古車を問わず取得された車両(取得価格が50万円を越えるもの)に対して、取得(登録)時に課税されます。

車種区分

税率

自家用(取得日)

営業用

令和元年10月1日~令和2年9月30日

令和2年10月1日~

 電気自動車

天然ガス自動車(平成21年排出ガス10%低減又は平成30年規制適合)

非課税

非課税

非課税

 ガソリン車(ハイブリット車を含む)

平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)又は平成30年排出ガス基準50%低減達成車(★★★★)

令和2年度基準+20%達成

令和2年度基準+10%達成

令和2年度基準達成

1%

0.5%

平成27年度基準+10%達成

 1%

2%

1%

上記以外

2%