農地法第3条の規程による「別段面積(下限面積)」の見直しについて

スマートフォン用ツール
農地法第3条の規程による「別段面積(下限面積)」の見直しについて

  倉敷市農業委員会では,令和元年度9月総会において農地法第3条第2項第5号に規定する「別段面積(下限面積)」を一部区域で見直しました。

 見直しをした区域は次のとおりです。

                 大字

変更後下限面積

変更前下限面積
真備町川辺 真備町岡田 真備町辻田 真備町市場 真備町有井    30a         40a
真備町上二万 真備町下二万 真備町箭田 真備町尾崎 真備町妹
真備町服部        

【見直しの理由及び目的】

 平成30年7月豪雨災害により甚大な被害を被った倉敷市真備地区において,さらなる農地の遊休化と分散化を防止するとともに,新規就農者の育成と定着による農業活性化と農地の集約化を図ることを目的とし,下限面積を引き下げます。

【適用年月日】

 令和元年9月11日から適用します。

倉敷市の下限面積一覧はこちら