当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

台風19号に伴う被災地支援について

長野県 長野市への物資支援

 令和元年10月14日(日)17時30分に出発式を行い、職員4名が支援物資を積んで長野市へ向かいました。

 伊東市長は「昨年の災害では全国から温かい支援をいただいた。昨年の経験から必ず必要となる支援物資をいち早く届けるべく出発した」と述べました。

 

  ●支援物資

  畳             156枚

  毛布            310枚

  段ボールベッド        30セット

  飲料水           240本

  給水袋           300枚

  タオル・衣類など

 

 ●輸送方法

  倉敷市2tトラック2台(それぞれに職員2名乗車)

 

 エラー

 出発式で挨拶する市長

 

 エラー

 物資を積んだトラック2台

 

 エラー

 出発を見送る様子

 

 

福島県 相馬市・南相馬市への物資支援

 令和元年10月15日(月)13時に出発式を行い、職員4名が支援物資を積んで現地へ向かいました。

 伊東市長は「昨年の豪雨災害において、いち早く支援をいただいた相馬市、南相馬市が甚大な被害を受けている。可能な限り飲料水とともに、各市からの情報に応じて毛布や土のう袋などを支援する」と述べました。

 

 ●支援物資

  福島県相馬市 (3t車1台、職員2名)

   水(500ml) 約4,500本

   毛布          200枚

  福島県南相馬市(2t車1台、職員2名)

   水(500ml) 約3,600本

   土のう袋     約5,000枚

 

 エラー

 挨拶をする市長

 

 

 物資を積んだトラック

 

 

 被災地へ向けて出発しました。

 

茨城県 常陸大宮市へ人員派遣

 令和元年10月18日(金)

 総務省の被災市区町村応援職員確保本部による対口支援に伴い、家屋調査支援のため職員を2名派遣しました。

 

長野県 長野市へ人員派遣

 令和元年10月18日(金)14時30分

 中核市応援協定に基づき、避難所運営支援を目的として長野市へ職員を3名派遣することとなり、派遣式を行いました。(職員は10月20日(日)に出発予定です)

 伊東市長は「被災された方々が一日も早く平穏な生活を取り戻せるように、また、昨年の長野市からの支援に報いることができるように尽力してください」と述べました。

 

 エラー

  派遣式で挨拶をする市長と派遣される職員

 

  

被災地への支援を考えている方へ

倉敷市では、現在のところ一般の方からの支援物資の受け付けは行っておりません。

義援金を募っておりますので、詳しくは「令和元年台風19号災害義援金の受付について」をご覧ください。