当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

PCBを使用した照明器具用安定器の調査について

PCBを使用した照明器具用安定器の調査について
産業廃棄物メニュー1 産業廃棄物メニュー2 産業廃棄物メニュー3 産業廃棄物メニュー4 産業廃棄物メニュー5 産業廃棄物メニュー6 産業廃棄物メニュー7 産業廃棄物メニュー8 産業廃棄物メニュー9 産業廃棄物メニュー10 産業廃棄物メニュー11 産業廃棄物メニュー12 産業廃棄物メニュー13 産業廃棄物メニュー14 産業廃棄物メニュー15

(重要)PCBを使用した照明器具用安定器の調査について(お知らせ)

 

 PCBを使用した照明器具用安定器(以下「PCB使用安定器」という。)は、ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法により令和3年(2021年)3月31日までに処分することが義務付けられています。

 このため、倉敷市では、PCB使用安定器をお持ちの可能性がある方に対し、昨年度から株式会社ゼンリンに委託し、アンケート及び現地訪問による聞き取り調査を実施しています。

 処分期間を過ぎてPCB使用安定器が発見された場合、所有者(保管者)に対し改善命令等の厳しい措置を取る可能性があります。調査に御協力いただくとともに、処分期間後に発見されることがないよう、現在使用中の照明も含め十分な御確認をお願いいたします。

 

 なお、本件に関し、倉敷市又は株式会社ゼンリンから金銭を要求することはありません。不審な調査がありましたら、下記までお問い合わせください。

 

 

○本件に関するお問い合わせ先(令和2年3月31日まで)

 

・訪問日時や聞き取り内容に関すること:(株)ゼンリン(倉敷市産業廃棄物対策課受託会社)

 電話:0120-607-733 FAX:086-241-1020

 メール:pcb-reply-kurashiki@zenrin.co.jp

 

・処分の手続きに関すること:JESCO北九州PCB処理事業所 営業課 大阪駐在

   電話:06-6575-5580

 

  【参考資料】PCB仕様安定器の判別方法(出典:環境省九州地方環境事務所 福岡事務所)