社会教育施設の再開について(5月26日現在)

スマートフォン用ツール
社会教育施設の再開について(5月26日現在)

社会教育施設の再開について(5月26日現在)

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、全都道府県へ「緊急事態宣言」が発令されていましたが、岡山県については、令和2年5月14日に緊急事態宣言の対象地域から除外されました。

このため、「新しい生活様式」に基づいた感染症予防対策を取り入れ、令和2年5月21日から市内社会教育施設の一部業務を再開しておりましたが、国や県の動向、並びに、令和2年5月9日以降は本市での感染の発生が確認できていないことなどから、下記の施設について再開、または運用を変更します。

※なお、3つの「密」を避けることができない利用は、当面の間、制限する場合があります。 

 

(令和2年5月26日更新)

6月2日(火)から業務を再開する施設

・児島・玉島公民館

  活動内容によって、利用を制限する場合があります。

・科学センタープラネタリウム

  ただし、1日の上映回数を4回とし、さらに1回あたりの入場者数を60人程度に制限して再開します。

 

6月2日(火)から運用を変更する施設

・図書館全館(中央、水島、児島、玉島、船穂、真備(仮設)、ライフパーク倉敷図書室)

  利用不可としていた閲覧用座席を、座席数を制限し利用を可とします。

 

6月9日(火)から再開する施設

・科学センター(科学展示室)

  入場者数を制限する場合があります。

 

 

※なお、今後の状況によっては、運用を変更することがあります。

倉敷市教育委員会生涯学習課
〒710-8565  倉敷市西中新田640番地 【TEL】 086-426-3845  【FAX】 086-421-6018  【E-Mail】 edulife@city.kurashiki.okayama.jp

このページに掲載された内容に関するご意見・ご要望等は、上記の連絡先へどうぞ。メールを送信いただく際には、「パソコンからのメール拒否」や、「ドメイン拒否」などの各種設定にお気をつけください。生涯学習課からのメールが届かない場合があります。