倉敷市議会BCP(業務継続計画)

倉敷市議会BCP(業務継続計画)

令和2年5月20日 新型コロナウイルス感染症に対する重点要望事項

 倉敷市議会災害対策会議において「新型コロナウイルス感染症に対する重点要望事項」を取りまとめ,斎藤議長,三村副議長が伊東香織市長へ要望しました。

新型コロナウイルス感染症に対する重点要望事項[PDF文書(約157KB)]pdf(別ウインドウで開きます)

※重点要望事項中,水道料金の支払い猶予については,現在新型コロナウイルス感染症関係で申し出のあった場合,2ケ月猶予となっています。

令和2年4月30日 倉敷市議会災害対策会議を設置しました。

 令和2年4月16日,新型コロナウイルス感染拡大の傾向が見られることから,国の緊急事態宣言の対象地域が全都道府県に拡大されました。国及び各自治体では,これまでの間,様々な対策を講じているものの,未だ感染拡大終息が見えてこない状況にあります。

 岡山県では,現在22人の感染が確認されている中で,倉敷市においては幸いにも感染者が確認されていない状況ではありますが,外出自粛要請により倉敷市内の観光業や飲食業をはじめ,製造業や建設業など多くの業種で多大な影響が生じてきております。また,学校の臨時休校に伴う様々な不安の声も日増しに大きくなってきております。

 こうした認識のもと,市議会としても市と一体となり感染拡大を防止し,市民の皆様の生命と健康を守るため,市議会BCPに基づき,倉敷市議会災害対策会議を設置しました。 

利用条件

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス CC-BY

このページ(ページヘッダ及びフッタ部分除く)に掲載されたコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ表示4.0日本語ライセンスの CC BY 表示(作品のクレジットを表示すること)の下で提供します。
掲載データは、営利目的での二次利用(改変)も可能です。掲載データを元に二次的著作物等の作成をすることができますが、編集・加工等した場合、出典を明記し、編集・加工等した旨を記載して、公表してください。