水道料金等の減額について

水道料金等の減額について

漏水による減額

 漏水の修理が完了した後,水道料金等減額申請書を提出すると,水道料金等の一部が減額される場合があります。なお,修理費用は,お客さまの自己負担になります。

 ※漏水の修理は,倉敷市指定給水装置工事事業者にご依頼ください。

 

対象となる場合

   ・  地下不明漏水

   ・  次の給水設備の故障による漏水

    水洗便所,給湯器,湯沸器,温水器,ボイラー,クーリングタワー,受水槽など

    ※上記の場合でも,漏水箇所によって減額対象にならない場合があります。

 

対象とならない場合

   ・  蛇口,露出配管及び受水槽よりお客さま側の給水設備からの漏水

   ・  前回修理完了から1年以内の同一箇所での漏水

   ・  凍結防止などで流し続けた場合

   ・  お客さま又は第三者の故意又は過失の場合

   ・  給水装置の不正工事による漏水

   ・  お客さまが漏水の事実を知りながら,正当な理由なく修理等を行わなかった場合

   ・  上記以外で減額が不適当な場合

 

申請手続き

  修理が完了したら「水道料金等減額申請書」に必要事項をご記入の上,水道料金窓口にご提出ください。

 

   水道料金等減額申請書(PDF)

 

   水道料金等減額申請書(エクセル)

 


災害による減免

 火災及び風水害,地震等の自然災害で被害を受けたときは,対象となる場合があります。

 

申請手続き

 「災害にかかる水道料金等減免申請書」に必要事項をご記入の上,消防署長等が発行したり災証明書又はその写しを添付し,水道料金窓口にご提出ください。

 

   災害にかかる水道料金等減免申請書(PDF)

 

   災害にかかる水道料金等減免申請書(エクセル)