避難時における新型コロナウイルス感染症対策

スマートフォン用ツール
避難時における新型コロナウイルス感染症対策

避難時における新型コロナウイルス感染症対策

 新型コロナウイルス感染症の感染が収まらない中で、災害が発生し、避難所に不特定多数の方が避難して来られた場合、感染リスクが高い環境となることが予想されます。

 市では、指定避難所に避難者が密集しないよう、<分散避難>をお願いするとともに、指定避難所の運営にあたっては、感染リスクに配慮した衛生環境になるように取り組みます。


新型コロナウイルス感染症が終息していない”今”のタイミングで、もし災害が発生したら、、、

感染拡大や混乱を食い止めるためには一人ひとりが自覚と思いやりをもって行動することが、必要不可欠です。


大雨(洪水)を想定した場合の<分散避難>について

 指定避難所に密集しないよう、親戚宅への避難、2階以上への垂直避難(※1)、車で高台や運動公園駐車場などに避難する車中避難(※2)など、お住まいやご家族の状況により、最適な方法を取りましょう。

  • 開設された指定避難所(学校や公民館など)に避難する
  • 自主防災組織などが運営する届出避難所へ避難する
  • 親戚や知人宅などに避難する
  • 自宅などで垂直避難を行う

浸水で外出できなくなることなどを想定して、携帯トイレや食料・常備薬などの準備をお願いします。

※1)浸水深が3メートル未満の地域で2階建て以上の住宅に限る。浸水深が3メートル未満の地域にあるかどうかは、広報くらしき5月号(2020年)と一緒に配布した「洪水・土砂災害ハザードマップ」で確認しましょう。

  • 車で、高台や運動公園などに車で避難する車中避難(※2)を行う

車内での避難に備え、携帯トイレや食料・常備薬などの準備に加え、エコノミークラス症候群などへの対策(体操、水分補給、暑さ寒さ対策など)が必要です。避難生活が長期化する場合は、健康管理のため指定避難所への避難に切り替えてください。

※2)車中避難をする場所が安全かどうかを「洪水・土砂災害ハザードマップ」で確認しましょう。

 「避難」とは難を避けることです。避難所に行くことだけが避難ではありません。

 自宅が浸水する可能性がない場所、土砂災害の危険がない場所、マンションの上層階の場合には、在宅避難(その場に留まる)ということも重要です。まずはハザードマップ・防災マップ等で自分の身が危険な場所にあるならば、より安全な場所に早めに避難することが重要です。

 新型コロナウイルスの感染リスクに関わらず、いざという時にどう行動すべきか、一人ひとりがあらかじめ考えておきましょう。

(「避難に関する提言」から)日本災害情報学会長 片田 敏孝

指定避難所が「密」にならないよう、分散避難にご協力をお願いします。

迷わず避難避難行動を事前にチェック

その他の災害(地震・津波・高潮など)を想定した場合の<分散避難>について

 災害の種類に対応したハザードマップを確認し、家族で避難先や連絡方法などを話し合いましょう。災害の種類やお住まいの環境などで、避難行動が変わってきます。気象情報や市からの避難情報に基づいて避難しましょう。

  • 自宅での危険を避け安全な場所に避難する際には、感染リスクを避けることも考えて分散して避難する
  • 自宅での垂直避難や車中避難に備え、水や食料、常備薬などに加え、マスクや消毒剤などの感染症対策用品を備蓄する

倉敷市のハザードマップ

洪水・土砂災害ハザードマップ 大雨や台風によって河川の堤防が決壊・氾濫した場合の洪水被害や、大雨や地震がきっかけとなり生じる可能性のある土砂災害を想定したもの
内水ハザードマップ 大雨に台風によって排水施設(用水路・側溝など)で排水しきれなくなった雨水が道路等に溢れ出した際の浸水被害を想定したもの
ため池ハザードマップ 大雨や台風、地震により、ため池の堤防が決壊した場合の被害を想定したもの
津波ハザードマップ 南海トラフ巨大地震が発生した場合の、津波による浸水深や液状化の危険度を想定したもの

 倉敷市では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するために、十分なスペースの確保や寒気、消毒の徹底など、指定避難所が感染リスクに配慮した衛生環境になるように取り組みます。

※詳しくは、避難所運営マニュアルをご覧ください。

  • 受付時に体調の聞き取りや体温測定などを行います。発熱、咳などの症状のある人、体調の悪い人には、専用スペース(学校では教室など)を確保します。
  • 避難所となる体育館等では、通路幅を1〜2メートル程度確保したうえで、家族で一つの区画を使用するように設定し、定期的に換気を行います。

避難所配置例

【参考】避難所における新型コロナウイルス感染症への対応の参考資料について(内閣府)

 

  • マスク着用、手洗いや手指消毒の徹底、トイレや下駄箱等の掃除など、衛生対策を徹底します
  • 避難所での感染症対策用品として、段ボールベッド及びこれに付属する段ボールの仕切り板、間仕切り用透明ビニールシート、非接触式体温計、不織布マスク、手指消毒液、手洗い石鹸などの確保を進めています
  • 車での避難に備え、避難所となる小中学校の運動場を開放し、車中避難を可能とします。なお、車中避難は、健康面等を考慮して短期間とし、できるだけ早い時期に避難所への移動をお願いします。
  • 避難生活が長期化する場合には、できるだけ早い段階で、段ボールベッドや間仕切り等を導入するなど、感染症対策を図り、感染リスクに配慮した避難所の運営を行うこととしています。
平成30年7月豪雨災害では、避難所での感染症の発生はありませんでした。これは、早くから段ボールベッドや間仕切りのカーテンを設置し、衛生環境を整えたことや、発災の翌日から保健師が避難所に入り、手洗いの徹底を呼び掛けたことなどが効果的だったと考えています。これらの経験を踏まえ、新型コロナウイルス感染症対策を取り込んで、避難所運営マニュアルを改定しています。

★市では、新型コロナウイルス感染症の感染が収まらない中で災害が発生し、指定避難所を開設する場合に備え、市職員に避難所運営研修・訓練を行っています。

hinankunren     hinankunren2

市民の皆様へのお願い

  • 日頃から「洪水・土砂災害ハザードマップ」を確認し、家族で避難先や連絡方法などを話し合いましょう
  • 在宅避難や車中避難に備え、水や食料、常備薬などに加え、マスクや消毒剤などの感染症対策用品を備蓄しましょう

 □非常持ち出し品は・・・

 □感染症対策用品は・・・

  • 指定避難所へ避難するときは、市の備蓄品には限りがあるため、水や食料、常備薬などに加え、自身の安全確保や健康状態の確認のために必要なマスクや体温計、身の回りの衛生物品(タオル、歯ブラシ、ひげそり等)などを、可能な限り持参してください。
  • 避難所では、マスクの着用、咳エチケット、手洗い・うがい等の基本的な感染症対策の徹底をお願いします

 

普段の生活から、新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、「新しい生活様式」を取り入れましょう。

新しい生活様式

○掲載している内容は、6月末時点の状況・国からの通知等に基づいて記載しています。今後の感染状況や国・県の方針により、更新することがあります。