公共交通機関を利用しましょう!

公共交通機関を利用しましょう!

公共交通機関の現状

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う外出自粛などの影響により、鉄道・バス・タクシーなどの公共交通機関の利用者が大幅に縮小しています。利用者が減少すると、路線や便数の縮小を引き起こしたりするなど、悪循環に陥ってしまいます。

  そのため、運転免許を持たない学生や高齢者の移動手段に制約が生じ、通勤・通学、買い物や通院など、市民の皆さんの生活に大きな影響がでます。

 交通事業者は、利用者に安心して公共交通機関を利用してもらうため、運転手のマスク着用、施設・車内の消毒、換気などの感染防止対策を講じて運行を行っています。

 公共交通機関を利用して、地域の交通手段を「守り」そして「育てて」いきましょう。

公共交通機関における感染防止策

 安心して公共交通をご利用いただけるよう、各交通事業者では、業種別の感染予防ガイドラインに基づき対策に取り組んでいます。

主な取り組み内容

  •  乗務員、従業員はマスクを着用しています。
  •  手洗い、消毒、うがいを徹底してます。
  •  乗車前に健康状態を確認しています。
  •  適宜、車内の消毒を行っています。
  •  窓を開けての換気やエアコンの吸排機能等を利用した換気を行っています。
  •  運転席にパーテーションを設置しています。

 

両備バス運転席パーティションの写真 両備バス車内バーティションの設置2 両備バス 車内消毒の写真

(路線バス)パーテーションの設置     (路線バス)パーテーションの設置     (路線バス)持ち手などの消毒

 

JR車内消毒の写真 JR車内つり革消毒の写真 JR券売機消毒の写真

(JR)車内の消毒                 (JR)車内つり手の消毒               (JR)券売機の消毒

 

各事業社取り組み状況

 

・下電バス

 http://shimoden.net/rosen/rosen_news/news_20200501_1.html

・両備バス

 https://www.ryobi-holdings.jp/bus/covid2020top/

・水島臨海鉄道

 http://www.mizurin.co.jp/info_detail/index/246.html

・井原鉄道

 https://www.ibara-railway.co.jp/news/新型コロナウイルス感染症対策について/

・JR西日本

 https://www.westjr.co.jp/info/corona_taisaku.html

外出が必要な方のために運行を続けています。

みんなで対策をして公共交通を利用しましょう!

きちんと対策をすれば、感染リスクは減らせます。市民の皆様には公共交通を利用する際の、新型コロナウイルス感染リスクを「正しく」理解していただき、「安全」に公共交通をご利用ください。

新型コロナにうつらない、うつさないため、今、できること。

皆様に安心してご利用いただくため、御協力をお願いいたします。