固定資産台帳の公表

固定資産台帳の公表

固定資産台帳の公表について

 倉敷市では、公会計導入に伴い、資産の状況を正しく把握すること、他団体との比較可能性の確保、また、個別の行政評価や予算編成、公共施設の老朽化対策等に係る資産管理等といった活用につなげるため、固定資産台帳を整備しました。

 公有財産について市民の皆様との情報共有を図るとともに、民間事業者の方の提案や活用の促進を図るため、固定資産台帳のデータを公表します。

閲覧の際の注意点

  1. 公営企業会計、特別会計及び財産区会計等を含みません。
  2. 令和2年度末時点で未完成の建物(建設仮勘定)は含みません。
  3. 令和2年度中に売却等により削除となった資産は含みません。
  4. 期末簿価の欄に記載の簿価は、総務省「統一的な基準による地方公会計マニュアル」に基づき算定したものであり、市場取引価額ではありません。
  5. この一覧は、市有地の売却・貸付をあっせんするものではありません。市有地の売却については「公有財産の利活用」のページをご覧ください。
  6. 個々の資産の詳細については、各資産を所管している部署にお問い合わせください。

固定資産台帳(令和2年度末時点)