地域猫活動について

地域猫活動について
地域猫活動とは

 

 飼い主のいない猫に不妊去勢手術を施して、地域住民の合意のもとに管理(餌やり・トイレの設置等)し、その猫が寿命を終えるまで見守っていく活動のことです。

 地域住民が主体となって行い、猫による諸問題を解決していきます。

 環境省もこの活動を推進しています。

 *地域猫活動には、地域住人の合意が不可欠となります。合意がないものについては、地域猫活動とは言いません。

 

 地域ねこ活動をするための流れ(概要)

 

 ①情報収集と地域のコミュニティへの説明・合意(手術費やエサ代等についても)

  関係各所への相談(ボランティア等や行政)

   ⇓

 ②地域住民の役割の決定

   主な役割:猫の保護担当、不妊去勢手術担当、餌の管理担当、トイレの管理担当

   ⇓

 ③不妊去勢手術の実施について、地域に周知(回覧板等)

   ⇓

 ④手術実施

   ⇓

 ⑤猫を元の場所に戻す

   ⇓

 ⑥周辺環境の保全を続ける。猫を管理し、寿命を全うさせる

    具体的には・・・・ 餌の管理(餌の置きっぱなしはダメ!)

            猫用トイレの設置・管理

            周辺の清掃

            必要に応じて、不妊去勢手術の実施

            地域住民へ活動報告(回覧板等)

            定期的な関係各所との情報共有           

 

 活動の効果

 

 ・飼い主のいない猫が増えるのを防ぎます。

 ・餌やりトラブルやフン尿被害が低減します。

 ・地域のつながりが豊かになります。また、動物の命を大切にすることへの気運が高まります。

 ・地域外からやってくる無責任な餌やり行為をする人についても、地域住民の目を光らせることができます。

 

 デメリット

 

 ・地域の合意を得るために時間がかかる場合があります。

 ・猫の寿命を全うさせるため、効果が現れるまでに時間がかかります。

 ・外飼いの猫について、飼い主の協力が得られない場合、その猫が原因で猫が増えることがあります。

 

 大切なこと

 

 ・活動には、地域住民・ボランティア・行政の三者の協働が不可欠です。

  〈三者の役割〉

   地域住民:不妊去勢手術の実施、エサの管理、猫用トイレの設置、管理、周知

   ボランティア:地域住民の活動のサポート

   行政:地域猫についての広報、各種連絡調整等

 ・保護した猫は、捕獲・処分することはできません。

 ・猫の被害で困っている人や、猫が苦手な人の気持ちも考えることが大切です。

  また、猫に餌を与える人や、猫が好きな人、そもそも猫の被害を受けてない人など、様々な立場の人が地域 に住んでいることを理解しながらすすめることが大切です。。

 ・ボランティアはアドバイザーとして協力をしてくれます。ノウハウを教えていただいたあとは、地域住民が   

    自立して活動を行っていく必要があります。

 

 その他

 

 ・地域猫活動には、「倉敷市飼い主のいない猫不妊去勢手術費助成金制度」を利用できます⇢ こちら