海外渡航用 ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)

海外渡航用 ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)

海外渡航用の新型コロナウイルスワクチン接種証明書 発行手続について

1.接種証明書(ワクチンパスポート)

海外渡航用の目的で、新型コロナウイルスワクチンの接種記録等を、公的に証明するものです。
通常、国内では、予防接種を受けた方にお渡しする接種済証または接種記録書が接種事実の証明となりますが、国際的な往来における利用の際、接種済証や接種記録書では、英語の表記、記載事項の不足、偽造防止対策といった課題があるため、接種済証とは別にワクチン接種証明書を接種者からの申請に基づき交付します。

※当面、用途は国外利用に限定されています。

2.受付開始

7月26日(月曜日) より

3.申請に必要なもの

  1. 申請書
  2. 旅券(パスポート)
  3. 接種券(未使用の「予診のみ」の券等)
  4. 接種済証または接種記録書(両方ある場合は両方)
  5. (郵送による申請の場合)切手を貼った返信用封筒
  6. (代理申請の場合)代理権を証明する書面(委任状、登記事項証明書 等)及び代理人の本人確認書類
郵便による申請の場合は、2,3,4はいずれも写し(コピー)を同封してください。
旅券(パスポート)は、旅券番号、姓・名、国籍、有効期間の記載箇所の写しが必要です。
海外渡航での活用が前提であるため、旅券は有効期間内でなければなりません。
パスポート見本
接種済証見本

※1 旅券(パスポート)は必須です。旧姓・別姓・別名(英字)の併記がある日本の旅券の場合は、それらを確認できる書類も必要です。
※2 接種券を紛失した場合は、マイナンバーが確認できる書類(マイナンバーが記載された住民票の写し等)もしくは住所の記載された本人確認書類が必要です。
※3 接種済証や接種記録書を紛失した場合、予診票の写し(本人控え)があれば添付してください。いずれもない場合、証明書の発行に数日かかる場合があります。
※4 郵便による申請に対する証明書の送付先は、原則、申請者の現住所(住民票の住所)となります。
※5 代理申請の場合の委任状は、上に掲載の様式でなくても、同様の内容であれば用紙、書式は問いません。

郵便による申請の場合の郵送先

〒710-0834 倉敷市笹沖170番地
倉敷市保健所保健課 ワクチン接種対策班

窓口での受付

倉敷市保健所保健課
なお、本証明書の発行には多少のお時間をいただきますことをご了承ください。