ワクチンの効果と副反応について

ワクチンの効果と副反応について

追加接種(3回目接種)の効果と副反応

国の審議会に提出された資料では、追加接種をした場合、追加接種前よりも抗体価が上昇したことが示されています。

また、3回目の接種後の7日以内の副反応は、1、2回目と同じワクチンを接種しても、異なるワクチンを接種しても安全性の面で許容されるとしています。

厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A より引用

初回接種でファイザー社又はアストラゼネカ社のワクチンを受けた30歳以上の人を対象に、3回目接種でファイザー社、モデルナ社(注)、アストラゼネカ社又は武田社(ノババックス)のワクチンを受けた時の抗体価を比較した英国での調査結果によると、日本で薬事承認されている接種間隔と異なることに留意する必要があるものの、いずれのワクチンにおいても、対照群(髄膜炎菌のワクチンを接種)と比較して、接種から28日後の抗体価が有意に上昇するとともに、副反応は全てのワクチンの組み合わせで同様であり許容される旨、報告されています。
(注)武田/モデルナ社のワクチンは、日本において追加接種では50μgを接種することで薬事承認されていますが、この研究では100μgを接種しています。

Q&A「追加(3回目)接種では、どのワクチンが使用されますか。初回(1回目・2回目)接種とは異なるワクチンを使用(交互接種)しても大丈夫でしょうか。」(厚生労働省)

(参考資料)学校法人 川崎学園プレスリリース

「新型コロナワクチン追加接種の効果 (3回目接種6か月後までの抗体価調査)」(2022年6月22日)

「新型コロナワクチン接種による抗体価の推移と健康状態に関する実態調査」(2022年1月27日)


新型コロナワクチンの副反応について

現在、国内で使用されている新型コロナワクチンは、複数の種類がありますが、いずれのワクチンも接種部位の痛み、倦怠感、頭痛、筋肉痛などの副反応が見られることが報告されています。

A詳細は下記からご確認ください。
厚生労働省「新型コロナワクチンの有効性・安全性について」のページ〈外部リンク〉

A副反応疑いについて医学的な知見が必要となる相談などは、下記窓口へお問い合わせください。

岡山県新型コロナワクチン専門相談センター
電話番号:0120-701-327
受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日含む)


健康被害救済制度について

予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、その健康被害が接種を受けたことによるものであると国(厚生労働省)が認定したときは予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

*申請窓口は、倉敷市保健所保健課です。

詳しくは、下記をご覧ください。
厚生労働省「予防接種健康被害制度について」〈外部リンク〉