新型コロナウイルス感染症の状況によっては、すでにご案内していたイベントがやむをえなく中止や延期、またはその一部を変更しての開催となる可能性があります。

その際は改めて本ページ(催し物案内のページ)にて,ご案内いたします。

 

 

 

自然に関するイベントに参加してみませんか?

倉敷市立自然史博物館・友の会は楽しい参加型行事を多数企画しています。
館内でお話を聞くものや作る物、外にでかけるものなど,さまざまなものがあります。
気になるものをみつけてぜひご参加ください!

※申込み方法や定員、料金などは各イベントによって異なります。
※行事によっては電子申請(ネット申込み)も受け付けています。各案内文内にリンクを設けていますのでご利用ください。

年間の催し物チェックはこちら

最新情報は各開催要項にてご確認ください。

 
 

詳細は毎月末頃に翌々月の行事をホームページ下記掲載・更新予定です。

博物館にて紙冊子も配布、友の会会員には郵送もしています。

 

倉敷市立自然史博物館メールマガジンでも毎月の催し物情報を発信中!

登録などについて詳しくは[メールマガジンページ]をご覧ください。

倉敷市立自然史博物館公式Twitter"パオちゃん"でもイベント告知をしています。フォローしてね!



8月13日 友の会夏休み特別企画

日時 2022年8月13日土曜日 10時~12時 13時~15時
会場 自然史博物館内、2階連絡室(足あとスタンプ、石けん)と3階第4展示室(缶バッジ)

夏休みに楽しい3つのイベントを倉敷市立自然史博物館友の会が開催します。すべて当日受付、要材料費。友の会会員の方は割引がありますので、会員証をご持参になりご提示ください。
材料はたくさん用意していますが、なくなれば終了します。

開催内容
◎動物の足あとスタンプで自分だけのハンカチを作ろう!
 実物大の動物の足あとスタンプを押して色々な動物の足あとをくらべてみましょう。
午前25枚・午後25枚・・ハンカチがなくなり次第終了(一人1枚限定)
参加費 一般200円、友の会会員150円

◎石けんを鉱物の結晶の形に切ろう
 鉱物の結晶の形を学び、セラミックナイフとまな板を使って透明な色つきMPソープ(グリセリンソープ)を切り出します。
参加費 一般300円、友の会会員250円
対象;小学校5年生以上で包丁を使える方(中学生以下保護者同伴)

◎缶バッジを作ろう
 好きな昆虫、鳥、植物など絵や写真、自分で描いた絵などを缶バッジにしましょう。
参加費 缶バッジピンタイプ 一般150円、友の会会員100円
    マグネット 一般200円、友の会会員150円

8月1日~29日 特別展関連イベント 妖怪本紹介「妖怪大集合 ~あやかしの世界へようこそ~」

 里庄町立図書館が所蔵する妖怪に関する本を展示します。

  • 会期:2022年8月1日(月曜日)~29日(月曜日)9時~19時(休日・祝日は17時まで)
  • 会場:里庄町立図書館1階ロビー

8月13日 自然観察会「倉敷みらい公園の生き物しらべ2022年夏&セミのぬけがら調査」(友の会第662回・博物館第378回)

 

<定員に達したため、受付を終了しました>

 

 倉敷みらい公園の自然観察会、夏編はちょっと早起きして、涼しい朝に開催です。真夏に街中の公園で活動している昆虫、植物、野鳥などの観察に加えて、今回はセミのぬけがら調査も行います。セミの種やその比率などについて、これまでの調査で記録しているデータからの変化を調べる楽しい観察会です。

  • 日時:2022年8月13日(土曜日)8時~11時(受付7時30分~8時) 
  • 観察場所:倉敷市寿町 倉敷みらい公園(倉敷駅北側の商業施設の間) 
  • 集合場所:公園管理棟北側近くにある東屋(あずまや) 
  • 交通案内:JR倉敷駅北口より徒歩約5分。お車の場合は周辺の有料駐車場をご利用ください。
  • 講師:片岡博行、狩山俊悟、坂本明弘、末長晴輝、鐵慎太朗、山﨑法子ほか友の会幹事
  • 参加費:無料
  • 持参品:マスク、筆記用具、観察・採集用具、雨具、飲料水、救急用品など。真夏の観察会です。特に熱中症予防対策には十分な準備をお願いします。 
  • 定員:先着50名。小学生以下保護者同伴
  • 申込み:7月14日(木曜日)9時から電話で自然史博物館(086-425-6037)へ。定員になり次第、申込みを締めきります。
  • 共催:重井薬用植物園
  • 備考:雨天決行。ただし、現地に警報発令時は中止します。天候があやしい場合は当日朝7時以降に友の会携帯電話(090-8242-3896)までお問い合わせください。現地にトイレはあります。高い所のセミのぬけがらを採集するために長い捕虫網などをお持ちの方は持参してください。

8月14日 自然の標本なんでも相談会

 夏休みの自由研究や日ごろ採集した標本の名前を調べるお手伝いのほか、標本に関するさまざまな疑問にお答えします。【標本を事前にお預かりして、後で返却する】方法で実施します。ご希望の方は当日に限り返却時に講師と直接お話しすることが可能です。

  • 標本受付期間:2022年8月6日(土曜日)~14日(日曜日)11時(植物標本は13日(土曜日)17時まで)の開館時間中に自然史博物館受付へ標本をご持参ください。
  • 標本返却期間:2022年8月14日(日曜日)14時~16時に自然史博物館受付でお受け取りください。後日受け取りも可能です。
  • 講師と分野:武智泰史(岩石・化石・鉱物)、福田富夫(海藻)、川合啓二(コケ植物)、山下純(シダ植物)、榎本敬(種子植物)、片岡博行(種子植物)、裾分由美子(栽培植物)、鐵慎太朗(維管束植物)、狩山俊悟(維管束植物)、秋山美文(甲虫)、山地治(甲虫)、加藤学(ハチ)、水元誠(ハエ・アブ)、高橋元(バッタ)、岡野貴司(チョウ・ガ)、守安敦(トンボ)、奥島雄一(甲虫ほか)、山﨑法子(動物)、坂本明弘(動物)、江田伸司(動物)ほか
  • 共催:倉敷市立自然史博物館友の会
  • 備考:生体など生ものはお預かりできません。標本には、採集場所・採集日・採集者などを記入したラベルを付けておいてください。海藻とコケ植物の名前がわかるのはこの機会限りです。動物はお一人につき標本50点までとします。

8月14日 自然素材を使った手作り教室

 木の実や枝などの自然素材を使って、動物や昆虫の置物などを作ります。

  • 日時:2022年8月14日(日曜日)
    1回目:13時~13時50分、2回目:14時~14時50分、3回目:15時~15時50分
  • 会場:自然史博物館連絡室
  • 講師:自然史博物館友の会幹事など
  • 参加費:無料
  • 持参品:マスク
  • 定員:各回先着5名。小学3年生以下保護者同伴
  • 申込み:8月5日(金曜日)10時30分から電話で自然史博物館(086-425-6037)へ。空きがあれば当日参加も可。

8月20日 特別展関連イベントおはなし会「妖怪の世界 ~あなたのそばに、いる・かも?」

 倉敷市に伝わる人魚にまつわるお話(八百比丘尼伝説)の紙しばいを楽しみませんか。里庄町のミステリー伝説や、妖怪の絵本の紹介もあります。

  • 日時:2022年8月20日(土曜日)14時~15時(受付13時45分~14時)
  • 会場:倉敷市立美術館3階講堂 
  •  
     
  • 講師:小野礼子・清水智香子(里庄町立図書館)
  • 料金:無料
  • 持参品:マスク
  • 定員:先着100名。小学生以下保護者同伴
  • 申込み:8月9日(火曜日)10時30分~19日(金曜日)17時に電話で自然史博物館(086-425-6037)へ。

8月27日 特別展関連イベント おはなし会「妖怪の世界 ~あなたのそばに、いる・かも?」

 人魚にまつわるお話(八百比丘尼伝説)の紙しばいを楽しみませんか。里庄町のミステリー伝説や、妖怪の絵本の紹介もあります。

9月10日 特別展関連イベントワークショップ「妖怪を描いてみよう」

 妖怪を描いてみませんか。色鉛筆細密画家越山洋三氏によるワークショップです。妖怪スネコスリや人魚のイラストを描いたときのお話も聞けます。どの妖怪を描くかは当日のお楽しみです。

※当初チラシなどでご案内していた内容より、持参品などが変更となっております。

  • 日時:2022年9月10日(土曜日)13時~15時(受付12時30分~13時)
  • 会場:倉敷市立美術館3階第2会議室
  • 料金:材料代ひとり300円
  • 持参品:マスク、鉛筆、鉛筆削り、消しゴム、色鉛筆(24色以上をおすすめ)または水彩絵の具セット
  • 定員:先着10名または10家族(同居の家族4名まで)。小学生以下保護者同伴
  • 申込み:9月6日(火曜日)10時30分~9日(金曜日)17時に電話で自然史博物館(086-425-6037)へ。

9月11日 特別展関連イベント「妖怪展展示解説会」

 特別展メインアドバイザー木下浩さんの解説を聞きながら展示を見学しませんか。展示の裏話や展示に登場しない妖怪のお話も聞けるかもしれません。

  • 日時:2022年9月11日(日曜日)10時~11時、13時~14時、15時~16時
  • 会場:自然史博物館連絡室・3階特別展示室
  • 料金:通常料金
  • 持参品:マスク
  • 定員:各回先着20名。小学生以下保護者同伴
  • 申込み:9月2日(金曜日)10時30分~10日(土曜日)17時に電話で自然史博物館(086-425-6037)へ。

9月11日 自然観察会「ミズアオイ観察会」(博物館第379回・友の会第663回)

 岡山県下では、ただ1か所となったレッドデータ植物、ミズアオイの自生地。近年はスクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)やヌートリアなどの外来生物に食べられるため、自然にミズアオイが咲くことが難しくなってきていますが、友の会などボランティアの方々による保護活動のおかげで、今年もミズアオイが花を咲かせられそうです。ミズアオイの花の不思議と保護活動のこと、さらにミズアオイを取りまく生物多様性を学ぶ観察会です。

  • 日時:2022年9月11日(日曜日)10時~12時(受付9時30分~10時)
  • 観察場所:倉敷市加須山、小瀬戸橋下流東側河川敷
  • 集合場所:同上
  •  
  • 駐車場:(株)藤原車輌(倉敷市加須山886-2)の従業員駐車場 ほか(自生地の道路を挟んだ東側、案内係の指示に従ってください)
  • 講師:片岡博行、榎本敬、狩山俊悟、鐵慎太朗、坂本明弘、備中ネイチャーゲームの会、ほか友の会幹事
  • 参加費:無料
  • 持参品:マスク、飲料水、筆記用具、採集・観察用具(捕虫網、ルーペなど)、ゴム長靴、救急用品、雨具など。
  • 定員:先着50名。小学生以下保護者同伴
  • 申込み:9月6日(火曜日)10時30分から電話で自然史博物館(086-425-6037)へ。
  • 主催:倉敷市、倉敷市立自然史博物館友の会、重井薬用植物園
  • 後援:岡山県(予定)、倉敷の自然をまもる会
  • 備考:小雨決行。ただし、大雨時・増水時・警報発令時は中止します。天候があやしい場合には当日朝8時以降に友の会携帯電話(090-8242-3896)までお問い合わせください。熱中症・防虫対策をお願いします。

9月11日 自然素材を使った手作り教室

 木の実や枝などの自然素材を使って、動物や昆虫の置物などを作ります。カッパの置物も作れます。

  • 日時:2022年9月11日(日曜日)
    1回目:13時~13時50分、2回目:14時~14時50分、3回目:15時~15時50分
  • 会場:自然史博物館地階講義室
  • 講師:自然史博物館友の会幹事など
  • 参加費:無料
  • 持参品:マスク
  • 定員:各回先着6名。小学3年生以下保護者同伴
  • 申込み:9月7日(水曜日)10時30分から電話で自然史博物館(086-425-6037)へ。空きがあれば当日参加も可。
 

9月24日 自然観察会「高梁川流域自然たんけん4」(博物館第380回、友の会第664回 高梁川流域連携中枢都市圏事業)

  •  高梁川流域の7市3町を巡回するシリーズ観察会です。今回は総社吉備路文化館を起点に、備中国分寺や備中国分尼寺周辺の植物、昆虫、動物、岩石などを観察します。また、こうもり塚古墳(国指定史跡)を見学します。
  • 日時:2022年9月24日(土曜日)10時~14時(受付9時30分~10時)
  • 観察場所:総社市上林
  • 集合場所:総社市上林1252 総社吉備路文化館前
  • 交通案内:自家用車の場合は山陽自動車道の倉敷IC、もしくは岡山自動車道の岡山総社ICから約10分、備中国分寺北側の駐車場(総社市上林1112付近)に駐車できます。駐車場から集合場所まで徒歩約8分です。JRをご利用の場合はJR伯備線総社駅から備中国分寺北側の駐車場までタクシーで約15分。
    (※集合場所には駐車できないのでご注意ください)
  • 講師:倉敷市立自然史博物館学芸員、総社吉備路文化館館長ほか
  • 参加費:無料
  • 持参品:マスク、昼食、飲料水、筆記用具、観察用具、雨具、救急用品など
  • 定員:先着100名。小学生以下保護者同伴
  • 申込み:9月6日(火曜日)10時30分~23日(金曜日)17時に電話で倉敷市立自然史博物館(086-425-6037)へ。
  • 備考:服装は帽子・長袖・長ズボン・運動靴を推奨します。熱中症・防虫対策が必要です。雨天決行。ただし、警報発令時などは中止します。天候があやしい場合は、当日朝8時以降に担当者携帯電話(090-8242-3896)までお問い合わせください。トイレは集合場所と駐車場にあります。この自然観察会は高梁川流域連携中枢都市圏事業として倉敷市と総社市が連携して実施します。

10月1日 自然観察会「おかやま自然探訪70」(博物館第381回、友の会第665回)

 岡山県内の旧市町村全部(78市町村)を巡回するシリーズです。今回は津山市(旧勝北町)のウッドパーク声ヶ乢とその周辺を歩き、岩石・地形や植物、昆虫、動物などを観察します。

  • 日時:2022年10月1日(土曜日)11時~14時30分(受付10時30分~11時)
  • 観察場所:ウッドパーク声ヶ乢周辺
  • 集合場所:ウッドパーク声ヶ乢駐車場(津山市市場)
  • 交通案内:適当な公共交通機関がありませんので、自家用車などをご利用ください。中国自動車道津山インターから国道53号を鳥取方面に右折(北進)し、約8kmで津山市役所勝北支所が見えてきます。この支所東角の交差点を「広戸仙登山口」の標識にしたがって左折(北進)すると、約6kmで集合場所のウッドパーク声ヶ乢に到着します。最後の数kmは道が狭いので通行にご注意願います。
  • 講師:自然史博物館学芸員、友の会幹事
  • 参加費:無料
  • 持参品:マスク、筆記用具、観察用具、弁当、飲料水、雨具、救急用品など
  • 定員:先着50名。小学生以下保護者同伴
  • 申込み:9月16日(金曜日)10時30分から電話で自然史博物館(086-425-6037)へ
  • 備考:雨天決行。ただし、警報発令時は中止。天候があやしい場合は当日朝8時30分以降に友の会携帯電話(090-8242-3896)までお問い合わせください。トイレは集合場所にあります。

10月8日 自然観察会「津黒のきのこ観察会」(友の会第666回)

 午前中、津黒いきものふれあいの里の園内を散策しながらきのこの解説を聞いたり、採集をしたりします。新型コロナウイルス感染症が落ち着いていれば、昼はきのこ名人の多久間さんが作る絶品のきのこ汁がふるまわれる予定です。まとめは当日採集できたきのこの山を前に詳しい解説を聞きます。
なお、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、体調不良の方は参加をお控えください。また、手指の消毒、参加者同士が密にならないように間隔をあける、せきエチケットの徹底などのご協力をお願いいたします。

  • 日時:2022年10月8日(土曜日)10時~14時30分(受付9時30分~10時)
  • 観察場所:津黒いきものふれあいの里(真庭市蒜山下和1077)
  • 集合場所:津黒いきものふれあいの里・ささゆり館
  • 講師:岡山きのこ研究会
  • 参加費:1,000円、小学生以下500円(保険代、材料費を含む)
  • 持参品:マスク(集合時に着用)、筆記用具、観察・採集用具(スコップ、紙袋10枚程度、新聞紙、ルーペ等)、軍手、飲み物、マイ箸、雨具、救急用品など。長袖
    長ズボン、歩きやすい靴(できれば登山靴や長靴などしっかりしたもの)で。
  • 定員:先着15名。小学生以下保護者同伴
  • 申込み:9月8日(木曜日)10時30分~10月2日(日曜日)17時に電話で自然史博物館内友の会事務局へ。
  • 交通案内:適当な公共交通機関がありませんので、自家用車等をご利用ください。岡山方面からは、米子自動車道湯原ICから国道313号線を北(蒜山方面)へ向かい、新熊居トンネル・中和トンネルを通過した先にある交差点(感知式信号あり)を右折、国道482号を三朝方面へ約5km道なりに進むと右側に津黒高原の看板があるので、その交差点を右折し、「津黒高原荘」方面に向かいます。
  • 共催:津黒いきものふれあいの里
  • 備考:小雨決行。ただし、警報発令時は中止します。天候があやしい場合は当日朝7時30分以降に友の会携帯電話(090-8242-3896)までお問い合わせください。トイレは集合場所にあります。採集したきのこは持ち帰りできませんので、あらかじめご了承ください。熱中症・防虫対策をお願いします。
 

10月15日 自然観察会「楽しい魚採り3」

 魚採りをしてみたい人集まれ! 未経験者・初心者大歓迎! 魚の上手な採り方や扱い方、よく似た魚の見分け方などを学びましょう。魚採り名人になれるかも。

  • 日時:2022年10月15日(土曜日)10時~12時30分(受付9時30分~10時)
  • 観察場所:倉敷市酒津の用水路
  • 集合場所:同上  酒津貯水池東側の酒津公園駐車場
  • 交通案内:自家用車の場合は現地周辺に無料駐車場があります。
  • 講師:山野ひとみ(倉敷芸術科学大学)・田賀辰也(The INTERPRETER)・江田伸司(自然史博物館)ほか
  • 参加費:無料
  • 持参品:マスク、筆記用具、魚とり用の手網、バケツ、飲料水、雨具など。服装は長そで・長ズボン・帽子・軍手、長ぐつ・使い古しの運動ぐつ(あればウエーダー)など。タオルと着替え(くつも)を持参してください。
  • 定員:10家族(家族は同居に限る。中学生以下の方は保護者同伴)
  • 申込み:10月4日(火曜日)(10月2日(日曜日)消印有効)までに往復はがきで自然史博物館へ。定員を超えた場合は抽選とし、参加の可否は10月7日(金曜日)頃までにはがきでお知らせします。往信に(1)全員の名前、(2)住所、(3)電話番号を、返信に住所と代表者の名前を記入してください。
  • 共催:倉敷市立自然史博物館友の会
  • 備考:小雨決行。ただし、大雨時・増水時・警報発令時は中止します。天候が怪しい場合は当日8時30分以降に友の会の携帯電話(090-8242-3896)までお問い合わせください。コロナ・熱中症・防虫対策をお願いします。

毎日やっています

博物館に行ってやってみよう!

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため,以前のように館内でぬっていただくことはできません。

現在は博物館の2階エレベーター前で配布をしていますので、ぜひおうちに持ち帰ってお楽しみください。

 

また、ホームページ上でもぬりえのご家庭向け印刷データを公開中です!

[博物館オリジナル工作など]ページから開いて印刷するなどしてぬってみてくださいね♪

 

色をぬったぬりえ写真等の、SNS等への掲載も歓迎します!

よければ「#恐竜ぬりえ」「#倉敷市立自然史博物館」「#我が家のおうちミュージアム」などをつけてアップしてください♪

 

きょうりゅうぬりえ・きょうりゅうおえかき

ティラノサウルスやトリケラトプスなど人気の恐竜ぬりえや、お絵かきです。どんな色だったのか想像してぬってみよう!

毎月発行している当館学芸員執筆の「パオちゃん's EYE」No.21「きょうりゅうぬり絵をしよう」(2018年12月1日発行)もぜひ読んでみてください。パオちゃん's EYEは館内などで配布しているほか、この博物館ホームページ[パオちゃん's_EYEページ]でも読むことができます。

 

植物スケッチ塗り絵「自然派のたしなみ」

四季折々の植物の塗り絵です。その時期にみられる身近な植物が登場します。

実物や図鑑を見ながら塗ってみるのもおすすめです。

現在館内で配布中のものは「7月 ツユクサ、8月 メマツヨイグサ、9月 ノアザミ、特別編 ノアザミ」です。


その他参加できるもの・募集

好きなものをみつけて,もっと深く知ろう!

  • 博物館のお宝探検(植物・昆虫コース)
    自然史博物館には展示されていない標本を大切にしまっておく標本収蔵庫という特別な部屋があります。自由に立ち入ることはできませんが数々の貴重なお宝を保管している部屋の見学をご希望の方は各担当までご予約ください。
  • ボランティア募集中
    倉敷市立自然史博物館では,各種ボランティアを募集しています。くわしくはタイトル文字リンク先ボランティア募集ページをご覧ください。
  • 水生昆虫募集中
    自然史博物館1階のミニ水族館では岡山県内で採集された水生昆虫を飼育しています。えさとなる小魚や小昆虫も歓迎します。連絡は奥島まで電話かメールでお願いします。