航空宇宙産業(空飛ぶクルマ・ドローン等)に興味のある人募集!!!

航空宇宙産業(空飛ぶクルマ・ドローン等)に興味のある人募集!!!
  航空宇宙産業(空飛ぶクルマ・ドローン等)に興味のある人募集!!!

倉敷で高梁川流域の航空宇宙産業を一緒に盛り上げましょう! 

 

倉敷市は年間560万人もの観光客が訪れる魅力的な都市ですが,穏やかで,大変暮らしやすいまちとしても知られる一方、国産ジーンズ発祥の地である児島地区や、国内有数の規模を誇る水島コンビナートを有するなど、ものづくりのまちでもあります。

また、倉敷市の中心を流れる高梁川の流域に位置している7市3町は、気候や風土が異なり、産業も北部の農産物から南部の製造業や海産物まで多種多様となっています。

 

そんな高梁川流域の7市3町は、平成27年3月から連携協約を締結し、高梁川流域連携中枢都市圏として、力を合わせて圏域全体の発展を目指して取り組んでいます。

そして、近年、高梁川流域の自治体においては、笠岡市で日本初の空飛ぶクルマの試験飛行を成功させる(令和3年6月)など、新規性のあるプロジェクトが多数、地元事業者によって取り組まれています。そこで、高梁川流域の航空宇宙産業を一緒に盛り上げていただける人材を募集します!

 

市から委託を受けた受入支援団体に籍を置いた活動になりますので、地元との交流や必要な研修、また、住居など日常生活の面など、市及び受入支援団体があなたの活動を幅広くサポートします。

 

倉敷で高梁川流域の航空宇宙産業を一緒に盛り上げましょう!

 

■募集概要は こちらの募集要項(PDF)をご覧ください。

■倉敷市地域おこし協力隊募集説明資料は、こちら(PDF)をご覧ください。

募集対象  年齢

年齢制限はありません

 
福利厚生

報償費等

について

 報償費

23.3万円

 活動地 主に倉敷市内、事業は高梁川流域7市3町
 活動場所 市から委託を受けた受入支援団体に籍を置いた活動になります。
 住居 倉敷市内で民間アパート等を借り上げます。
 活動時間 受入支援団体との協議のうえ決定します。

 

 応募手続き

1 応募期間

 令和4年9月9日(金曜日)から令和4年10月21日(金曜日)まで ※必着     

 2  応募書類

 応募用紙に必要事項を記載のうえ、住民票の写し(原本)と運転免許証の写しを添付して郵送してください。

3  応募用紙

 倉敷市地域おこし協力隊応募用紙

4 応募先

 〒710-8565  倉敷市西中新田640番地 倉敷市商工課水島港振興室

応募人数及び応募資格

1 募集人数  1名

2 応募要件  

次の各号の要件を全て満たす方とします。

(1)三大都市圏若しくは政令指定都市(岡山市除く)の都市地域に現在、住所を有する方で、住民票、生活拠点を倉敷市に移すことに了承する方
(2)心身が健康で、倉敷市内に定住する意欲のある方

(3)大卒以上の方(応相談)
(4)普通自動車免許を取得している方(応相談)
(5)パソコンの一般的な操作ができる方

(6)隊員の受入先となる支援団体、地域住民、関係団体とともに積極的に活動できる方

3 求める人材

 航空宇宙産業に関心のある方、新規事業の立ち上げなどに意欲的な方を歓迎します。

選考方法

※活動内容や待遇面で不明な点がございましたら、倉敷市商工課までご連絡ください。

1 第1次選考

 本市による書類選考のうえ、結果を文書で通知します。

 ※応募用紙の記載内容で選考しますので、可能な限り詳細に、考えや思いをご記載ください。

2 第2次選考

 第1次選考合格者を対象に面接を行います。

   詳細は、第1次選考結果の通知の際にお知らせします。

隊員の身分

・倉敷市地域おこし協力隊として、市が委嘱します。

 ※本市との雇用関係はありません。

・委嘱期間(1年目)は、委嘱の日からその年度の3月31日までとします。

・委嘱期間終了毎に、市担当者等と面談を行い、最長3年間更新可能とします。

 ※基本的に延長されるものとお考えください。

・その他詳細は、「倉敷市地域おこし協力隊募集要項(PDF)」を御確認ください。

<参考>倉敷市地域おこし協力隊の設置に関する要綱(平成28年5月19日告示第337号)

地域おこし協力隊の活動(商工課)

倉敷市商工課で、地域おこし協力隊の活動内容を定期的に発信していますので、ご覧ください。

地域おこし協力隊(商工課)