電気・ガス価格高騰緊急経済対策補助金

電気・ガス価格高騰緊急経済対策補助金

令和5年11月30日(木)をもって、申請受付を終了しました。

電気・ガス価格高騰の影響を大きく受ける市内事業者(本社・本店が倉敷市外の方も対象)の皆様の負担軽減を図るための補助金です。

「リーフレット」「よくあるご質問」等をご確認のうえ、申請願います。

 

様式ダウンロード

  1. 交付申請書一式 Excel PDF(手書用)
    • 交付申請書
    • 提出書類チェックシート
    • 添付様式1
    • 添付様式2
    • 添付様式3
  2. 税証明書交付申請書 Excel PDF(手書用)

【参考】添付書類見本(税関連)

 

お問い合わせ先

しばらくの間、電話がつながりにくい状況が想定されます。事業者の皆様には大変ご不便をおかけしますが、各種お問い合わせにつきましては、「リーフレット」「よくあるご質問」「交付申請書」「提出書類チェックシート」の説明をご確認のうえ、お問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

倉敷市事業継続支援室コールセンター

086−426−3050

(平日9時から17時まで)

※お問い合わせの多い質問

Q LPガス契約者です。岡山県LPガス料金高騰対策支援事業として、1月あたり1,100円の値引きがありました。その月のガス料金(値引後)については、同一経費で他の補助金を受けたものとして対象外でしょうか?
A いいえ。対象となります。同支援事業は、契約者ではなく、LPガス販売ガス事業者等へ助成金が交付されることから、同一経費で他の補助金の交付を受けたものには該当しません。

Q:補助金額に関するお問い合わせ

例)対象月の電気代が29,700円(税込)、ガス代が21,450円(税込)で、電気・ガス料金の合計額が

51,150円(税込)の場合、補助金額はいくらになりますか。

A:電気・ガスの料金(税込)の合計額(対象経費)から消費税額を控除した金額(千円未満切捨)となります。

 例)電気代:29,700円+ガス代:21,450円=合計額:51,150円(税込)

    合計額:51,150円ー消費税:4,650円=46,500円 (千円未満切捨) 補助金額:46,000円 

1-Q13:令和4年度電気・ガス価格高騰緊急経済対策補助金の交付を受けましたが、本補助金を申請できますか?

A:要件を満たせば申請いただけます。

2-Q4:対象月とは何ですか?
A:対象経費の算定範囲となる電気・ガスの使用期間として、申請者が任意に設定する令和4年11月から令和5年8月の間のひと月のことです。

2-Q5:例えば、電気料金については3月、ガス料金については7月と、電気とガスで別の月を対象月にしてもよいですか?
A:不可です。電気料金とガス料金の対象月は同一とします。

2-Q6:対象月の設定の仕方を教えてください。
A:次のとおりです。
まず、検針票(使用量のお知らせ)や請求書等で使用期間を確認します。
①使用期間がふた月にまたがる場合は、日にちが多い月を対象月とする。
②使用期間の記載がない場合は、検針日から検針日までの期間を使用期間とし、使用期間がふた月にまたがる場合は、日にちが多い月を対象月とする。
【例】「前回検針日3/14 今回検針日4/14」とある場合の対象月は3月。
③上記①、②において、日にちが同数の場合は、いずれの月を対象月としても可。
④LPガスを、ボンベでスポット購入している場合等は、納品日の属する月を対象月とする。

対象月の考え方

3-Q10:対象経費(使用期間、検針日、料金)が分かる書類を紛失してしまったが、どうすればよいのでしょうか。

A:契約先の電気・ガス会社に、使用期間、検針日、料金が分かる書類の発行ができないか御相談ください。
 中国電力株式会社に依頼する場合は、必ず「倉敷市の電気・ガス補助金の申請に使用するため、使用期間が必要である」旨をお伝えください。

 

リーフレット1ページ

リーフレット2ページ

リーフレット3ページ

リーフレット4ページ

 


 倉敷市役所 文化産業局 商工労働部 事業継続支援室(本庁厚生棟2階)
 〒710-8565  倉敷市西中新田640番地
 【事業継続支援室コールセンター 電話】 086-426-3050
 受付時間 平日9時~17時