高梁川流域エコツアー

高梁川流域エコツアー

main_ilust

高梁川流域エコツアー「未来に繋げるエネルギーの地産地消」

 2050年に世界が目指しているカーボンニュートラルの実現に向けて、社会全体が大きな変革を迎える中で、地域で暮らす私達にもできることがあります。それが「(電気)エネルギーの地産地消」という考え方です。

 地域で使う電気は、できる限り地域で調達することで、資金が身近なところで循環し、地域経済の底上げに繋がります。また、国内では石炭や天然ガスなどの化石燃料を使用する発電所も多く、将来的にエネルギー資源の枯渇が進むと、今以上に電気代が引き上がる懸念もあります。

 エネルギーの地産地消とは、有限な化石燃料ではなく、再生可能エネルギーと呼ばれる太陽光や風力のような事実上無限にあるエネルギーや、再利用可能なバイオマス(木質資源や廃棄物)などで発電された電気を、発電設備のある地域で使うことを指し、「エネルギーの自給自足」とも呼ばれます。

 私達が暮らす高梁川の流域には、それぞれの地域特性に応じて最適な再生可能エネルギーを選択することで、持続可能な電力を確保できる可能性を秘めています。

 このエコツアーを通じて、現在から未来に向けて利用可能なエネルギーを地域全体でどのように確保することができるのか、また、個人単位で望ましい取組とはどのようなものかなど、ともに学ぶきっかけとなれば幸いです。

日時

 令和6年8月24日(土曜日) 11時00分〜15時15分

会場

 高梁グリーンパーク(高梁市松原町神原2281-4)

power_plant

       (バイオマス発電プラントの様子)

 

「JR備中高梁駅」及び「JR倉敷駅」から無料の送迎用車両を運行します。

※利用を希望される方は、申込時にお知らせください。

プログラム

(前半)発電プラントの見学 (後半)参加者同士によるワークショップ

参加資格

 高梁川流域の自治体(★)に在住または通勤通学している方

 (★)新見市・高梁市・総社市・早島町・倉敷市・矢掛町・井原市・浅口市・里庄町・笠岡市

定員

 先着30名

参加費

 300円(昼食込み)

申込方法

 8月15日(木曜日)までに、電子申請(リンク先はこちら)または電話(086-426-3394)にて

 ※電話でのお申込みの際には、「氏名」「年齢」「住所」「電話番号」「送迎希望の有無」をお伝えください。

 

イベントチラシ(エコツアー)

【イベントチラシ ※クリックすると開きます】