当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

1 療養の給付

1 療養の給付

1.療養の給付


 病気やケガで診療を受けるとき、保険証を提示すれば費用の1~3割を支払うだけで診療が受けられます。
ただし、年齢により費用の負担割合は変わります。


小学校6年生まで

子ども医療費助成により無料
中学生~69歳 3割負担
70歳~74歳 1割※1負担
(現役並み所得者※2は3割)

 ※1 平成20年4月1日より2割負担に見直されることとされていたものが、平成25年3月末まで
    1割に据え置かれています

 ※2 同一世帯に現役並みの所得(住民税課税所得が145万円以上)がある70歳以上の
    国保被保険者がいる人


  70歳以上の人の医療

国保の加入者は70歳になった翌月(1日が誕生日の人はその月)
から、医療費の自己負担割合が軽減されます。
自己負担割合が記載されている「高齢受給者証」が交付されますので、
診療を受けるときは忘れずに提示してください。

 
 
国保の給付 Topページへ