当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

尊瀧院他四ケ院三重塔

そんりゅういん ほか 4かいん さんじゅうのとう
尊瀧院他四ケ院三重塔

尊瀧院他四ケ院三重塔

種別: 県指定・建造物
所在地: 倉敷市林
所有・管理者: 尊瀧院他4カ院
指定年月日: 昭和49年5月31日

 この三重塔は,総高21.5m,方三間,本瓦葺で,隅木の先に銅製の風鐸を吊り,屋上には青銅製の相輪を立てています。

軒は,初重・二重を二軒繁垂木,三重を二軒扇垂木としており,軒の美しさには目をひかれます。組物は和様二手先で,各重には高欄が巡らされています。柱には欅材の円柱が用いられ,心柱は二重でとめられており,初重内部には四天柱が立ち,内陣,外陣に分けられ,床は拭板敷,天井は格天井となっています。

 江戸時代末期の再建とされていますが,彩色のない白木造の塔は清楚で美しく,古い様式を継承した優れた三重塔です。

 

【現地周辺の地図】


より大きな地図で 倉敷市内の文化財(県指定) を表示