当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

楠戸家住宅主屋

くすどけ じゅうたく
楠戸家住宅

写真:楠戸家住宅

市指定の部分 国登録の部分
種類: 建造物 建造物
名称: 楠戸家住宅
 主屋1棟
楠戸家住宅
 主屋ほか5棟
指定/登録
範囲:
主屋のうち
  店舗部
  玄関部
  中座敷部
主屋(奥座敷部)
米蔵
炭蔵
道具蔵
指定/登録
年月日:
平成14年2月20日 平成8年12月20日
所在地: 倉敷市東町
所有・管理者: (個人)

 楠戸家は「はしまや」の屋号を持ち,明治2年の創業以来,今日も呉服店として営業が続けられています。主屋をはじめ米蔵・炭蔵・道具蔵・塀が平成8年に登録文化財になっていますが、主屋のうち店舗部・玄関部・中座敷部は、平成14年2月20日に倉敷市指定重要文化財になりました。

 現在の店構えは明治中期に整えられたとされています。主屋の平面は町屋の完成形のひとつである「表屋造」で、明治期の町屋らしい合理性の高いものになっています。主屋2階の漆喰(しっくい)を塗り込めた「虫籠窓(むしこまど)」は,当時の近畿地方の町屋の手法が取り入れられており,楠戸家住宅の大きな特徴になっています。また,海鼠壁(なまこかべ)の蔵や屋根付きの板塀なども含め,明治時代の町屋の屋敷構えとして高い水準を示しています。

 古禄の町屋「井上家住宅」,新禄の町屋「大橋家住宅」や「旧大原家住宅」の時代のあとを受けて,楠戸家住宅は明治時代中期を代表する町屋として,倉敷の町屋の歴史を現代に伝えています。


【現地周辺の地図】


より大きな地図で 倉敷市内の文化財(市指定) を表示