安養寺裏山経塚群

スマートフォン用ツール
安養寺裏山経塚群

あんようじうらやまきょうづかぐん
安養寺裏山経塚群

安養寺経塚群の写真

種別: 県指定・史跡
所在地: 倉敷市浅原
所有・管理者: 安養寺
指定年月日: 昭和35年8月23日

 安養寺は倉敷市の北部に位置する真言宗の古刹です。この経塚群は,寺の背後の山腹に存在し,第1から第3経塚まであります。

 経塚とは平安時代の末法思想の影響により,土中に経文の刻まれた瓦を埋めて後世に遺すという善行で極楽往生しようという願いから設置されたものです。

第1経塚からは国の重要文化財に指定されている経瓦・土製塔婆型法華経題箋・土製宝塔が出土しています。

 第2経塚からは瓦製経筒・誕生仏などが,また第3経塚からは塔婆形経瓦などが見つかっています。


【現地周辺の地図】

より大きな地図で 倉敷市内の文化財(県指定) を表示