当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

廃浅原寺層塔跡

廃浅原寺層塔跡

はい あさばらでら そうとう あと
廃浅原寺層塔跡

写真:廃浅原寺層塔跡

種別: 市指定・史跡
所在地: 倉敷市浅原
所有・管理者: 安養寺
指定年月日: 昭和40年3月25日

 この層塔の跡は安養寺本堂の西,一段高くなったところに存在します。

 現在は建物の基礎になった石(礎石)が15個,中心の柱を支える心礎が1つ残されています。塔跡は3間×3間で礎石は本来16個あったはずですが,北西の角が1個失われています。

 もともとこの地には浅原寺という大寺があり,平安時代から鎌倉時代にかけて栄えていました。この塔跡はその頃のものか,あるいは室町時代にはいって再建された塔のものと思われます。

【現地周辺の地図】


より大きな地図で 倉敷市内の文化財(市指定) を表示