K邸

K邸
平成5年度(第1回)建築文化賞受賞建築物
住宅部門

”最優秀賞”   「K邸」



南の長屋門の構えの大邸宅が、仕事の都合で空き家になって10数年、傷みが

激しく修繕を、しかし誰しも考えることは一つ「スクラップ・アンド・ビルト」。

  古い民家を解体せずに再生、文化的価値を評価し得たことが、環境と資源問題

に大きな社会的貢献、この新しい「住宅」が生まれてきたことは意義深い。

  改造された母屋はどっしりした風格を備え、家庭生活の温かさ優しさを感じさせ

ており、玄関ポーチで結ばれた若夫婦住宅のファサードは、「木」を見せた梁と軒

裏が効果的な安心感を与え、またポーチのアールの屋根がやさしく人を迎えてく

れそうだ。

  廃材の延べ石をアプローチと母屋の接点として石だたみに効果的に利用し、文

化の伝承と二世帯のほのぼのとしたつながりを感じさせる。

  近所のお年寄りが世間話をするひだまりの広場が、新しい顔になるだろう。

所在地 :倉敷市茶屋町

設計者 :(株)暁建築設計事務所

施工者 :(株)出宮工務店

概要  :個人住宅
             木造・地上2階
             敷地面積  540.00m2
             建築面積    95.09m2
             延べ面積  154.48m2

完成時期:平成5年3月