T邸

T邸
平成5年度(第1回)建築文化賞受賞建築物
住宅部門

”優秀賞”   「T邸」



「此処は何処!」足を向けるそこには。

丘の上に家が、だれが住んでいるのだろうか。

  田園のなか、林に囲まれて建つ木造の家、アプローチには四季の花が植えられ、

ものがたりを感じる叙情の館。

  木もれ日の木立のなか鳥たちがさえずり、林を抜けるそよ風に食事支度のよい

匂いが、迎えてくれそうな家

  なだらかな斜面には、多すぎない植栽がされており、開放的な家の造りで温もり

と安らぎの調和を生んでいる。 

  ひとが呼吸し、食をし、眠る、語る、読むなどおよそ生への再生産を、期待する

場としてふさわしい住環境。

  田に面した高床の下に農機具が収納されていて、ロケーションにおいてとても

ほほえましい。

  自然を壊して家を建てるのではなく、自然の中に自分を融合させる建物を添える

ことに、つくり手の熱意と誠意がつたわってくる。

所在地 :倉敷市茶屋町早沖
設計者 :(有)アーキビジョン・ニシムラ
施工者 :直営
概要  :個人住宅
      RC造一部木造・地上2階
      敷地面積 549.84 m2
      建築面積 156.06 m2
      延べ面積 225.52 m2
完成時期:平成5年1月