児島聖約キリスト教会

スマートフォン用ツール
児島聖約キリスト教会
平成7年度(第3回)建築文化賞受賞建築物
一般建築物部門

”最優秀賞”   「児島聖約キリスト教会」


児島聖約キリスト教会写真a





石垣に建つ長屋門の「お屋敷」の庭の片隅に、何時の頃からかキリシタン灯籠がひっそり

と立っている。

  その「お屋敷」の表札が掛け変わり、それから四十有余年、邸宅のまま使用されていた

教会に、信者の献金による待望の礼拝堂が完成。

  入母屋を斬新にデザインした大屋根の表情には、屋敷ばかりでなく近隣をも包み込む

ような安定感があり、三次曲線の四面が尖塔になった屋根は、未来に羽ばたく鳩のイメージ

を持つ。ここから何が発信されるであろうか。

  全く新しい異質な建築物でありながら、自らを誇示するでもなく、周囲に馴染むことを

ひたすらに求める。設計思想は「祈り」。清雅な建物は精神の高揚の場にふさわしい。

  燻銀の屋根の天窓からは賛美歌の音が流れ、”身体と心のバリアフリー”で、心傷つく

者も仕事着のままの人々をも迎え入れ、癒す。

  建物と人とが、ひそやかに呼応し、息吹きし、なお時と共に児島の風土と融け合ってゆく。

児島聖約キリスト教会写真b





所在地 :倉敷市児島味野5丁目4-21

建築主 :日本聖約キリスト教団

設計者 :(株)一粒社ヴォーリス建築事務所

施工者 :(株)藤木工務店倉敷支店

概要  :教会
             RC造木造一部CB造・地上1階
             敷地面積  2,789.90m2
             建築面積    579.49m2
             延べ面積    588.56m2

完成時期:平成6年12月