むかし下津井回船問屋

スマートフォン用ツール
むかし下津井回船問屋
平成7年度(第3回)建築文化賞受賞建築物
一般建築物部門

”奨励賞”   「むかし下津井回船問屋」


むかし下津井回船問屋1


人々の生活の中心であった一筋の東西道に沿って、懐かしい町並みがひっそりと

残されてきたが、”下津井節”のこの港にも湾岸道路などの開発の波が押し寄せた。

  江戸の昔より、北前船がこの港に碇をおろすたびに、この港は沸き立つような賑わい

をみせていた。その積み荷を保管していたこの明治の「ニシン蔵」は、大正期の

頃からは縫製工場に利用されていた。

  老いも若きも、土地の男たちが威勢よく立ち働いていた蔵、ここ「蔵ほーる」を訪れる

人々は、太い柱や丸太梁の小屋組屋根の下、北前船のロマンに思いを馳せ、

瀬戸内の小魚で・・・ 下津井港はヨはいりようて出ようてヨ ・・・、再び活況が蘇る。

  活力のあふれた「下津井」を再創出しようと生まれ変わった”問屋”は、いま全体に

やや新しすぎる感はあるが、新しさも時が経てば、ここの風土や町並みに馴染んで

くることであろう。

  この再生をきっかけに、行政だけでなく住まう側からも、各々の郷土の歴史的景観

や資源を生かす試みとなって波及し、また下津井の町並みが守られ整備されて、人々

の”暮らし”がこの街道にいつまでも健やかに営まれてゆくことを、望みたい。

むかし下津井回船問屋2

所在地 :倉敷市下津井1丁目7-23

建築主 :岡山県知事  長野 士郎 

設計者 :(株)ベン建築設計

施工者 :(株)藤木工務店倉敷支店

概要  :資料館
            木造・地上2階
            敷地面積  1,089.16m2
            建築面積    618.95m2
            延べ面積    846.05m2

完成時期:平成6年12月