後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度

お知らせ

後期高齢医療被保険者証を2回送付します

令和4年度は、一部負担金割合の見直しがあるため、被保険者証を2回送付します。
有効期限が異なるので注意してください。

1回目(7月)に送付した被保険者証(紫色)

  • 被保険者証(1回目)有効期限     令和4年8月1日から令和4年9月30日まで
  • 一部負担金の割合 1割か3割
    ※1回目(紫色)の被保険者証は、7月8日に発送しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2回目(9月)に送付した被保険者証(青色)

  • 被保険者証(2回目)有効期限     令和4年10月1日から令和5年7月31日まで
  • 一部負担金の割合 1割か2割か3割
    ※2回目(青色)の被保険者証は、岡山県後期高齢者医療広域連合から9月9日に発送しました。

    【一定以上の所得のある方の医療費の窓口負担割合が変わります】
    令和4年10月1日から,後期高齢者医療被保険者の方で一定以上の所得のある方は,現役並み所得者(窓口負担割合3割)を除き,医療費の窓口負担割合が2割になります。

     詳細はこちらをご確認ください。
     岡山県後期高齢者医療広域連合ホームページ
    (窓口負担割合の見直しについて)

 

 

 

 

 

 

 

令和4年度後期高齢者医療保険料について

令和4年度の保険料通知を、7月13日に発送しました。
保険料の納付方法は、年金からの天引き、口座からの引き落とし、納付書によって金融機関で納めていただく方法があります。
年金からの天引および口座からの引き落としで納付する人には、保険料納付額通知書を送付します。
納付書で納める人には、保険料納入通知書(納付書)を送付しますので、金融機関などで納付してください。
また、保険料の納付で困っている人は早めに相談してください。

 

マイナンバーカードが保険証(後期高齢者医療被保険者証)として利用できます

令和3年10月20日より,マイナンバーカードが保険証として利用できるようになりました。

※マイナンバーカードを保険証として利用するには,事前にマイナポータルで申し込みが必要です。

 詳細はこちらをご確認ください。

  ↓↓↓↓

 岡山県後期高齢者医療広域連合ホームページ(マイナンバーカードについて)

 

新型コロナウイルス感染症に係る後期高齢者医療保険料の減免について

 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った世帯の方や、新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少が見込まれる世帯の方は、申請により、後期高齢者医療保険料が減免される場合があります。

 詳しくは「岡山県後期高齢者医療広域連合」のホームページをご確認ください。

  ↓↓↓↓

 岡山県後期高齢者医療広域連合ホームページ

お問い合わせ先 本庁医療給付課 ☎086ー426-3395

新型コロナウイルス感染症に係る傷病手当金の支給について

 岡山県後期高齢者医療広域連合から、新型コロナウイルス感染症に係る傷病手当金の支給についての通知がありました。

 

 詳細は岡山県後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧ください。

  ↓↓↓↓

 岡山県後期高齢者医療広域連合ホームページ

お問い合わせ先 本庁医療給付課 ☎086ー426-3395