共同排水設備申請する

共同排水設備申請する

平成21年7月1日から申請要綱を改正しました。

【改正点】
申請要綱の改正により設置する当該下水道共同排水設備に汚水を排除すべき建築物の戸数が2戸以上あり,かつ,その所有者が異なるときは,下水処理開始の告示日から3年を過ぎても申請可能になりました。


私道等に共同排水設備を設置する場合                      

次の条件にすべて当てはまっている場合に,私道等に共同で排水設備を設置すると,工事費の一部を補助します。代表者を1名選んで,指定工事店に申し込んでください。

  1. 下水処理開始の告示日から3年以内の工事に限る。(ただし、所有者が複数での申請は3年を過ぎても可能)
  2. 設置する下水道共同排水設備に汚水を流している建築物が2戸以上あること。
  3. 私道等の所有者が下水道共同排水設備の設置を承諾していること。
  4. 市税・下水道使用料・下水道受益者負担金をすべて納めていること。




    共同排水設備のイメージ図





    一般的にはB・C・Eが対象です。
    A・Dは,公共下水道に直接接続できますが,私道側から接続することもできます。




     補助額は標準工事費の3分の2以内です
倉敷市 下水道部 下水普及課
〒710-8565  倉敷市西中新田640番地 8階 【TEL】 086-426-3561  【E-Mail】 swexp@city.kurashiki.okayama.jp