『倉敷の歴史』 第19号

スマートフォン用ツール
『倉敷の歴史』 第19号

 『倉敷の歴史』19号

論 文

羽島貝塚、磯ノ森貝塚の年代学的研究            遠部 慎・加藤 久雄・
                                    米田 穣・畑山 智史
平安末期における天台僧の修行巡礼
 ―青蓮院門跡吉水蔵聖教にみえる備前・因幡・伯耆―        岡野 浩二
掛屋になること―幕末社会における情報蒐集―            岩城 卓二
「吉備日々新聞」に関する一考察―民権期御用新聞の研究―    太田 健一

ノ ー ト

近世初期岡山藩における年貢割付についての若干の考察
 ―渡辺数馬と児島郡粒江村の関係から―              内池 英樹
岡山藩領「寄宮」の社号と棟札―顧眄神社をめぐって―       別府 信吾

聞き書き昭和史

水島航空機製作所で過ごした日々                     藤井 実

郷土史家紹介

永山卯三郎―その事績と著作目録―                  大森 久雄

史料群紹介

倉敷市所蔵備中国浅口郡西阿知村阿部家文書・
 倉敷市所蔵備前国児島郡呼松村田中家文書            小林 悠一

アラカルト

『兵庫北関入船納帳』に見る南浦の比定地について(続)       三宅 克広
高梁川流域問題と大原總一郎                        坂本 忠次

報告

倉敷市「公文書館のあり方検討会」報告(概要版)

新刊紹介·投稿要領·歴史資料整備室日誌
※『倉敷の歴史』各号の購入・頒布については刊行物紹介末尾を御覧ください。