中小企業者に係る省エネルギー設備等導入促進事業補助制度

中小企業者に係る省エネルギー設備等導入促進事業補助制度

倉敷市中小企業者に係る省エネルギー設備等導入促進事業補助金

倉敷市では、エネルギーの見える化を行い、省エネ診断に基づく                                  

省エネルギー設備・再生可能エネルギーシステム等を設置することで、                         

エネルギーマネジメントを推進する本市内の中小企業者等に対し、補助金を交付します。


令和3年度申請の受付について

受付期間 :令和3年4月1日(木曜日)〜令和4年3月31日(木曜日)

        ※上記期間に限らず、予算が終了し次第受付を終了します

予算額  : 15,000,000円

受付状況 : 3件 , 6,482,000円

残予算額 : 8,518,000円

令和3年度申請様式について

令和3年度の申請等に当たっては、以下の様式をご使用ください。

1. 事前登録をするとき
・ 事前登録申出書 (PDFexcel
・ 誓約書 (PDFword
・ 事業概要書 (PDFexcel
・ 温室効果ガス排出量計算書 (excel

2. 事前登録の内容を変更するとき、または本事業を中止するとき
・ 変更等届出書 (PDFexcel

3. 交付申請をするとき
・ 交付申請書 (PDFexcel
・ 請求書 (PDFword) 

4. 補助金を受けた後、市に温室効果ガス排出量を報告するとき

[平成29年度、平成30年度、令和元年度申請者]
・ 温室効果ガス排出量等実績報告書 (PDFword
・ 温室効果ガス排出量計算書(平成29年度申請者用) (excel

・ 温室効果ガス排出量計算書(平成30年度申請者用) (excel

・ 温室効果ガス排出量計算書(令和元年度申請者用) (excel

 

[令和2年度以降申請者]

・ 温室効果ガス排出量等実績報告書 (PDFword

・ 温室効果ガス排出量計算書(令和2年度申請者用) (excel

・ 温室効果ガス排出量計算書(令和3年度申請者用) (excel

 

5. 補助金を受けた後、削減率が年15%に満たなかったとき
・ 温室効果ガス削減目標達成に向けた計画書 (PDFword

6. 補助金を受けた後、導入した設備を法定耐用年数を経過する前に処分するとき
・ 財産処分等承認申請書 (PDFword

関連リンク

この補助金を申請するためには、下記のいずれかの診断機関による省エネ診断を受ける必要があります。

ア 省エネルギー相談地域プラットフォーム構築事業
  →岡山のプラットフォーム事業者
    一般社団法人エコエネ技術士ネット

     一般社団法人エネルギーマネジメント協会

イ CO2削減ポテンシャル診断事業

ウ 一般財団法人省エネルギーセンター

エ STOP温暖化くらしき実行委員会の省エネ診断

※イ、エについては、令和3年度は診断事業を行っておりませんが、

過去3年以内に受けた診断書であれば補助申請の際に使用可能です。